人気ブログランキング |

SHONAN BEACH FM -NAGAMURA KOYO 長村光洋

湘南カチート 水曜23時 JUKEBOX 金曜17時 N盤アワー 月曜23時 のブログです。
街の灯
ビーチFM 今日の日記 2011年1月から

クリスマス休暇を自分で作ってパリで過ごしました。昔からよくフランスに
行くことを「命の洗濯に行く」と言う人がおります。その真意は未だに理解
しておりませんが,地球上に多くの国や文化が存在する中,フランスに行く時は
何か特別な意識を抱いてしまいます。「大きくなったウチのボンボン連れて
シャンゼリーゼをお散歩してきたざ~んす。」てなことにならないよう,
気をつけながら,東京の街をパリのように美しくするにはどうしたら良いのか
観察してまいりました。クリスマス・シーズン中もパリは,びっくりするほど
モノトーンです。エッフェル塔もコンコルドの観覧車も控え目で,決して
ケバケバしいカラーをひけらちかしたりいたしません。唯一,ラファイェと
プランタンのクリスマス・イルミネーションはド派手ですが,これは数少ない
デパートなので,問題ありません。ポイントとして存在して欲しい。
シャンゼリーゼにはクリスマス・ショップとイルミネーションが設置され,
多くのパリジャンが訪れます。この光景は日本に似ていますが,でも,とにかく
この道は歩道が広いよね、、、。ちょっと住宅街にはいると,申し訳程度に
昔ながらの装飾の明かりがついています。これは,20年,30年前から変わりなく,
ある意味,ここを歩いていると安堵感があります。
僕の感想では,パリよりも東京のクリスマスの方が,よっぽど派手であります。
LEDのおかげで地球にはやさしくなりましたが,それでも今年の明かりの数は
世界に誇れるほど多かった。もちろん,明るいのは好きだけど,ここらで反省会も
必要と思う。東京も横浜の街も昔に比べると随分と綺麗になりました。でも,
綺麗になったのは大型のオフィスビルと商業施設だけなんじゃないか???
クリスマスの本当の明かりとは教会の中の蝋燭(ロウソク)の灯ではないで
しょうか? 「街の灯」とはチャップリンの映画のような,その街で暮らす人間の
ささやかな愛と良心です。
「次のクリスマスでは,LEDじゃなくて俺のハートで街を明るくしてやるぜ!」
なんて宣言したら,きっと僕の友達,誰も近寄ってこないと思うが、、、。
by koyonagamura | 2011-01-21 21:51 | 日記2010-2011
<< 2010年-スターライト・大賞 ! artist list >>


by koyonagamura
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
contact
コメントは
こちら
までお寄せください。
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧