人気ブログランキング | 話題のタグを見る

SHONAN BEACH FM -NAGAMURA KOYO 長村光洋

湘南カチート 水曜23時 JUKEBOX 金曜17時 N盤アワー 月曜23時 のブログです。
Francoise Hardy
Francoise Hardy_c0198594_9414824.jpgお年の話から始めて失礼いたします。1944生まれで,デヴューが1962年ですから,僕の人生をゆうにカヴァーしきっている,彼女の音楽活動であります。「男の子・女の子」に始まり,1968年「さよならを教えて」がフランスで大ヒット(日本でも73年にヒット)して以来,80年代の中期,90年代の初期をのぞいてコンスタントにアルバムを制作しているフランソワ・アルディは,ひょっとして,僕の人生においてもっとも付き合いの長いミュージシャンです。思えば60年代のイエ・イエ・ガールのブームでもマイ・ペースだったし,アーティストではあってもセレブっぽくなくって,普段あんまり表に出てこないし、、。細く長く生きつつ,絶対的な存在感を確立している姿は日本蕎麦に似ているかもしれない。彼女の歌声のさっぱり感が好きだ。でも確固としたポリシーがある処が蕎麦っぽい。(まあ、、ざる蕎麦というより鴨南蛮っぽい曲も多いが、、)最近,こんなことを思っている。ガールズ・ファッションのトレンドで「森にいるような女の子・森ガールズ」があるが,この言葉を聞くとオジサンはフランソワ―ズ・アルディの曲「もう森になんか行かない」(Ma Jenunesse fout le camp/直訳で、私の青春が逃げていく)を思い出す。意味は,その人なりだが,彼女の歌の歴史というのは彼女以外の人間の人生や考え方にも大きく影響しているのだ。少なくとも僕の思考の中にはアルディが存在している。そんなこと言ってて,この彼女のニューアルバム、いち早く輸入盤を手にして,フランス語が解らないからメロディーラインと歌だけ楽しんでいるんだけど,詳しいことは徐々に調べてラジオでお話いたしましょう。まあ、それだけ時間をかけて聴く価値のある人なのです,ということだけ解ってください。仏語の勉強しよう、、。
即席仏語勉強後、今回も「失ったもの、、、」を歌うセンチメンタルな曲が多いようです。この方って昔から、その手の曲が中心なのです。
by koyonagamura | 2010-05-06 08:41 | 2010アルバム紹介4-6月
<< 曲目リスト  5月 12日 曲目リスト5/5 >>


by koyonagamura
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
contact
コメントは
こちら
までお寄せください。
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧