SHONAN BEACH FM -NAGAMURA KOYO 長村光洋

湘南カチート 水曜23時 JUKEBOX 金曜17時 N盤アワー 月曜23時 のブログです。
GEORGIE AULD - SAX GONE LATIN  湘南音楽
ふと、なにげに湘南をイメージしてしまった音楽を、独断で「湘南サウンド」と認定する勝手なコーナーです。
c0198594_2201069.jpg1919年生まれのJAZZテナーサックス、クラリナット奏者。スウィング全盛時代にアーティ・ショー、べ二ー・グッドマンの楽団で活躍、一時期は自分名義の楽団もありました。スウィング以降もエロル・ガーナー、ディズィー・ガレスピー等、一線級のミュージシャンと演奏を続けた彼は、1959年にはアラン・リードとロックンロールのバンドまで組んでいます。アラン・リードといえば50年代のロックンロールl誕生の立役者であり、人種の壁を越えたコンサートやパーティの興行で社会的論争を起こしたDJ 兼ミュージシャンとして知られる、言ってみれば時代の先駆者でした。このジョージー・オールドのアルバムはジァズ・ファンの一部から軟弱、軽すぎ、ジァズじゃない、とのお言葉を頂いているようですが、僕には忘れることのできない湘南ジァズ・ムードミュージックなのであります。彼が、ここまで砕けたアルバムを作れたのも、その音楽活動の幅広さによるものと思っております。私たちに、最も身近な活動をご紹介いたします。彼は、1977年マーティン・スコセッシ監督、ライザ・ミネリ、ロバート・デニーロ主演「ニューヨーク・ニューヨーク」で、演奏指導を務める傍ら役者もこなし、フランキー楽団、団長として登場いたします。この映画で、デニーロのサックスの影の演奏者は、もちろんジョージー・オールドです。スタンダードはもちろんバップも演奏しております。最近はRolling Stonesのライブ映画も撮った音楽好きのスコセッシ監督、「ニューヨーク・ニューヨーク」の制作は大変な仕事だったと思いますが、それだからこそ「SAX GONE LATIN」の気楽なハズシた演奏は貴重な音です。このラテン調・ラウンジミュージック・JAZZはなんとなく謎な、そして贅沢なアルバム。湘南の海とオジサンを楽しませてくれる、チャメッ気たっぷりの快作です。
[PR]
by koyonagamura | 2009-02-14 21:58 | 湘南ミュージック-認定
<< ANYA MARINA 2月11日 song list >>


by koyonagamura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
contact
コメントは
こちら
までお寄せください。
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧