SHONAN BEACH FM -NAGAMURA KOYO 長村光洋

湘南カチート 水曜23時 JUKEBOX 金曜17時 N盤アワー 月曜23時 のブログです。
<   2012年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
2012 スターライト大賞 G-ROCK (爺ロック)
PART 2
2012年 スターライト大賞 G-ROCK (爺ロック)
G-ロックとは60歳以上(5年後は65歳に棚上げ)のミュージシャンに捧げる、夢と希望
と感謝の表彰です。

G-ROCK (爺ロック)男性ヴォーカル部門

c0198594_12511616.jpg レナード・コーエン 1934年生まれ 78歳はその長年に及ぶ活動において、人が生まれ人が老いることとは何か?を歌を持って表し、多くの人々に安らぎを与えたことをここに感謝しる。アルバム「Old ideas」を2012年のベストSSW作品といたします。彼の声を聴くと妙に気持ちがが穏やかになります。はしゃぎすぎの人にお薦め。



c0198594_12592566.jpg イギ‐・ポップ65歳は従来の高年齢者の持つ「老」の感覚を逸脱し、新たな異人間「男」として邁進する、その姿に感銘を受け「APRES」を2012のベスト・男性ヴォーカルとします。ただし、歌が上手いのは分りましたのでスタンダードばかり歌わないで、次作はロックに戻ることを希望します。



c0198594_137314.jpg ボブ・ディラン(71)
につきましては、今更説明など必要ありませんが、デヴュー50年、35作目「テンペスト」に対し、その功績とラジオで流しても大丈夫な音楽性に対し謹んで敬意を表します。




BEST COMEBACK賞

c0198594_1314564.jpg ビーチボーイズの新作と2012年の夏の来日公演につきましては日本の「ビーチのオジサン」の心を再び熱くし、この夏の「海の家」の来客数に貢献したかは不明だが、それに近い活動に対しオジサンから賞を与えるものとする。





BEST LIVE STAGE

c0198594_13291782.jpg この夏のフジロックのグリーンステージで見せた熱狂とその翌日のレイディオヘッドの影に隠れたような会場の客の入り、しかし演奏はどちらも最高でした。この光と影こそキンクスのひねくれ者扱いの真骨頂。帰国してからからテレビでオリンピックのセレモニーを見てたらレイ・ディビス(68)が歌ってました。やっぱりイギリスののバンドだねぇ。G-ROCK ベスト・ライヴ・パフォーマンス。

c0198594_13501579.jpg 実は、明日来日公演がありますゴング。フジロック以来の来日コンサート。D.アレンは1938年生まれの74歳、ジリ・スマイスにいたりましては1933年生まれの79歳、サイケ爺、婆は健在です。人は老いてもサイケでありヒッピーであり続けることができること、老いて益々奥深くサイケであることを世に示した、長年に渡る変人行為を讃えてゴングを2012年ベスト・G-ROCK(爺ロック)ステージ・アーティストとする。

BEST FEMAL SINGER

c0198594_1415370.jpg 仏蘭西からジュリエット・グレコ。1927年生まれの85歳、年齢をまったく感じさせない新作に感服。シルビィ・バルタン、ブリジット・フォンテーヌ、ペトゥラ・クラ-クなどなど仏蘭西の御婆様が頑張ってる2012でありましたが、この裏にはどんな状況があるのでしょうか。G-ROCK (婆ポップ部門)第一位。
[PR]
by koyonagamura | 2012-11-28 13:12 | ラジオ・レコード大賞
2012年 BEST G-ROCK (爺ロック)
2012年 スターライト・クルージン水曜日
スターライト大賞


G-ROCK 部門
初めに申し上げますと、G-ROCK とは 爺ロック のことであります。
ロック高齢化時代に伴いまして今年度は60歳以上、しかし日本の年金受給年齢の
高年化に合わせ来年度から61歳、5年間にわたりアップしまして最終的には65歳
以上を 爺ロック の対象とすることをマニフェストに書いておきましょう
span>
BEST ROCK ALBUM

c0198594_11444280.jpg ニール・ヤングは67歳という年齢を逆手にとって、相変わらずのマイペースで往年のロックンロールを披露、しかも今年は作品を2つもリリースした功績を讃え、これを2012年のベスト・ロック・アーティストといたします。








c0198594_121195.jpg ドクター・ジョンは72歳という高齢を鑑みずブラック・キーズのダン・オーバックという飛ぶ鳥を落とす勢いのプロデューサーの協力のもと、かってないほどの精力的パワーを世間に示したことにより、これを2012年のベスト・ロック・アルバムといたします。







c0198594_12121877.jpg ZZ TOP(ビリーギボンズ62歳) はこの9年ぶりのニューアルバムにおきまして頑固なまでの一徹した演奏、いぶし銀のだみ声を披露し、アメリカンロックの神髄、アメリカの文化、アメリカのオジサンの男気を見せ、日本の団塊の世代に対し勇気と希望を与えたことにより、これを2012年のベスト・ロックといたします。しいて言えば、次のアルバムまでに9年かけないように。






c0198594_1220153.jpg パティ・スミス 1946年 12月30日生まれはニューアルバムの新曲「フジサン」において震災後の日本人に勇気を与え、しかも2013年には東北から九州まで日本縦断ツアーを行い、日本人と共に「フジサン」を合唱する、その功績に対する感謝と尊敬の念をこめて、これを2012年のベスト・ロック・ソングとします。欲を言えば2013年の夏、フジロックにて再び大合唱されたし。






c0198594_12272482.jpg ディヴィッド・バーン60歳は若い鬼才アーティストであるセント・ヴィンセントの協力を得て引き続きアーティスティックな作品を作り上げ、今後の熟年アーティストの生きる道はヴァンパイアの如しという道を示したことにより、これを2012年ベスト・アーティストとする。
[PR]
by koyonagamura | 2012-11-28 11:53 | ラジオ・レコード大賞
Artist List
Artist List 2012 Nov. 21st
年末が近づいてまいりました。2012年の新譜と総決算の二時間、(+印は番組中トークのBGM使用です)


1. DE DE MOUSE         実に未来派メルヘンなニューアルバムであります
2. MIKA           逆にちょっとばかし大人になった彼のニューアルバム
3.+ Royksopp         そろそろ2012年を振り返る、今夜のスターライト
4. Nelly Fartado  彼女の新作は決してミーハー向けな音楽ではないと感じた次第
5. Van She  オーストラリアから、何処か懐かしいイントロ、、思い出せない、、、
6. Too Door Cinema Club      祝!来日!ライヴ会場も大きくなりました
7. The Heartbreaks   フジロックに次いで今年、二回目の来日が間近です、期待
8. Green Day     三部作の第二弾が出ました。2012サマソニのメインアクト
9. Green Day   三部作だから、いつもまとめて聴いていただきます、UNOから、
10. Madness    12月はロンドンO2アリーナでの公演があります、国民的バンド
11. Paul Weller  今年、一番意欲的だった、、かつ成功したオジサンかもしれません、
12. Metz     ここでは乾いた?硬質なドラム・ビート、今年は目立ってました、
13. Factory Floor  V.U.とNEU?古典的なようで2012年を代表する新鮮なリズム感、
14. Divine Fits エレクトロ、、SpoonとWolf Parade こんなバンドにも波及してます、
15.+ Royksopp    Punkishなエレクトロから、シルヴィ-バルタンのポップスへ
16. Sylvie Valtan   祝!来日、最近は落ち着いた安定したポップスを歌ってます
17. Berry 12年、突如、登場したジェーン・バーキンのそっくりさん、似過ぎて御免、
18. Rufas Wainwright 祝!来日、この曲のメロディは12年最もポップで美しかった、
19. Martha Wainwright    英国ツアーが期待されてます、妹のニューアルバム
20. Neil Richardson     ラウンジ・ミュージックで一息ついて次に進みましょう、
21. Clairy Brown & The Bangin Rackettes ヴィンテージ音楽の台頭も12年の特徴
22. Florence Joelle`s Kiss of Fire     続けてV-Rock, 彼女はフランスから、
23. Alabama Shakes      高校出たてのV-Rock. 来年は来日いたします、
24. Anisteen Allen       本家本元の音源から50年代の録音です、R&Roll
25. The Les Reed Piano   次に移る前に再びラウンジミュージックで一服
26. Maria McKee   彼女の来日公演が決定しています、これは感謝!奥深いです。
27. Joe Jackson 私は彼の「Duke」が2012年ベスト・JAZZアルバムだと思います、
28.+ Quiet Village ところで国民の生活が第一の東議員は日焼けサロンの日焼けかしら?
29. Susanna Hoffs         ここまで流せるか?11月の歌、

[PR]
by koyonagamura | 2012-11-21 12:35 | スターライト2012
養毛剤を付ける歳になりました。
ビーチFM 今日の日記から  2012年11月

「おまえ100まで、わしゃ99まで、共に白髪の生えるまで、」なんて言いますけど、このストレス社会に生きてますと40、50で白髪頭ですよね。普通は99歳になったらテカテカ頭じゃありませんか。 髪は長い友達と申しますが人生も晩年を前にして、この長い友達を失うというのは悲しいことであります。養毛シャンプーなるものを購入して頭を洗っても、その都度シャンプーの泡の中に脱毛を発見するとはいかなるものでございましょうか?。最近、叔父から電話があり 「薬用養毛剤を付けたらついに髪が復活した、次の法事で会ったら驚くぞ!」と言うので楽しみにしておりました。実際、本人の顔を見ても 「また老けたな、、」と思う以外に変わりはなかった、、。おそらく自分にしか分からぬ程度の発毛だったのでしょう。これを「妄想(毛想)」というのです。それでよいのだと思います。もしも、お化けのQ太郎に毛が三本なかったら、あのキャラは人気がでたかしら???そこで私も叔父に続けとばかり高価な養毛剤を使用することにいたしました。製品取扱書には即効性があるなんて書いてないんです。とりあえず3か月様子を見ろって言われるんです。それだけで大した経済効果ですよ。そして、この11月を迎えました。先日、洗面所でチェックしてたら、後ろで息子が「お父さん、髪の毛伸びたから理髪店に行ったら、」と言うではありませんか。「えっ?おまえ今、何て言った?俺、髪の毛が多すぎるかな ~?」なんて喜び勇んでカットに行ったんですが、なんか元に戻っちゃったなぁ~~。しかし、後悔なんかしません。天下の楽天家の論理が浮かんでくるのです。「もし、薬を付けていなかったら今頃、髪は更に薄くなっていたに違いない」って、、、。髪は長い友達、大事に付き合いたいものですが「サヨナラだけが人生さ」という切ない言葉もございます。いつまでも愚痴を言ってると、神様から「だから愚か者の頭に付ける薬は無いのだ。」と怒られるでしょう 。
[PR]
by koyonagamura | 2012-11-18 12:48 | ビーチFM今日の日記2012~
artist List
Artist list 2012 14th Nov.
2012年ニューアルバム、祝!セント・エティエンヌ来日、終盤はサイケデリックに幕を閉じます。 (+印は番組トーク中のBGM使用です。)


1. De De Mouse この人にMIKAのプロデュース頼んでも面白いのではないか?
2. Mika         2012年屈指のアルバム発表、ポップ界の王子様、
3.+ Royksopp         新譜特集、年末にかけて好盤がぞくぞく、
4. We are standard  スペインのバンド、ダンスから聴かせるロックに変身  
5. Heavenly Beat      エレクトロとスパニッシュギターの組み合わせ
6. Evan Voytas  K.へリングのカッズタウンから出てきた新鋭アーティスト
7. Madness     オリンピックのセレモニーにも出た国民的バンドの新作
8. Pop Levi    T.レックスを思わせる、グラム・ガレージロック、第三作
9. Jonathan Jeremiah     先週に引き続きまして、彼の2nd アルバム
10. Deathcab for cutie   ソロアルバムリリース記念、昨年のアルバムから
11. Benjamin Gibbard   デスキャブのソング・ライター初のソロアルバム
12. Aimee Mann   前曲でヴォーカルに参加しておりました、彼女の新作から
13. Saint Etienne     祝!来日! 2013年のポップス界の「お年玉」
14. Saint Etienne バンドの名前は仏サッカーチーム、サンテティエンヌだそう
15. Saint Etienne    サッカーといえば今夜は日本対オマーン線ですね
16.+ Royksopp    久しぶりに一つのグループ6曲も流させていただきました、 
17. Saint Etienne        これは、ジグソーのヒット曲のカヴァーです
18.+ Ypaah    ここからは、この秋、実現してなかったサイケデリック特集
19. Melody`s Echo Chamber     フランスのサイケデリック御嬢さん
20. Tame Impala その、御嬢さんのアルバムのミキサーがいます、豪国から
21. Dungen       スウェーデンの名門サイケデリック・バンドで一息
22. Black Moth Super Rainbow  今、一番脂がのってるサイケバンドの新作
23.+ Nutid  最近、思うのですがサイケなバンドっていとも簡単にポップな曲
24. Julian Lynch  → 続く  ポップな曲を作りますね、想像力の勝利か?
25. Gong    あと、二週間で来日公演です。御長老、体調に気をつけてね、
26.+ Quiet Village       今夜もお付き合い頂き有難うございました、
27. Lee Ranaldo    ここまで、かかるか?フリートウッド・マック

[PR]
by koyonagamura | 2012-11-14 11:43 | スターライト2012
Artist list
Artist list 2012 7th Nov.
新たにオペレーションに HIT ME 人見氏をお迎えいたしまして、今夜も元気に
おじさん達のROCK.(
+印は番組中トークのBGM使用です)


1. Susanna Hoffs      11月に入りましてやっと旬な歌になりました。
2. Milo Greene      カリフォルニアの男女混合、コーラス・フォーク
3. Kaki King               毎度! ギターの女神さま
4.+ Royksopp         今年のベスト!を睨んだ今夜の番組、宜しく、
5. Mika    ベスト・ポップ・アルバム最有力候補です、月並みですが、、、
6. Ben Fold five   ピアノ・ポップでパンキッシュなアルバム、健在でした
7. Producers  T・ホーン 見に行きゃ、じゃなくて聴きに行けばよかった~
8. Art of noise      それでは アート・オブ・ノイズの代表曲を
9. Godley & Creme       プロデューサーズ特集、引き続き、、、、
10. 10cc    さらに、一曲 ドラマーのゴドレーはクレームの旧友だから、、
11. Jonathan Jeremiah    この人、ヨーロッパで火が付くような気がします、
12. Gotye     祝!!!単独来日公演!!! KIMBRA も連れてきて~~~、
13. Kimbra    ゴティエのヒット曲のバック・ヴォーカルの女の子、好いです、
14. The Heartbreaks   彼らも単独来日公演がございます、水曜ですが、、、、
15. The Vaccines  そう、このバンドも単独公演決定しています、育ち盛りです
16. The Jon spencer Blues Explosion  なんと追加公演も即完売!根強い人気!
17. Divine Fits  SPOON,WOLF PARADEのメンバーが集まったスーパーインディ
18. Wolf Parade  それでは、惜しくも解散した、W.パレードのロック名盤から
19. Iggy Pop    少し熱くなりすぎたので、イギ‐の新作で休憩いたします、
20. Serge Gainsbourg  イギ‐のカヴァーと聴き比べちゃいましょう、、、、、
21. Iggy Pop       前作、前作2009年から、この晩秋、、旬な曲です
22. Neil Young & Crazy Horse  この曲、8分あります。彼についていきます、、
23. Niel Young & Crazy Horse  今年、2枚アルバムを出したことになります、、
24. Bob Dylan    なんか、こうなると毎回、顔ぶれが決まってきますね、、
25. The Wall Flowers おとっつあんに負けじと、頑張りました、、新作から、
26. ZZ Top       実は(19)あたりから、G-Rock になっておりました、
27. Tommy Guerrero       エンディングに向けて、インストで一息、、、
28. Lee Ranaldo       フリート・ウッドマックのトリビュート盤から、
29. Marianne Faithful  同上、ここまでかかるかしら?それにしてもG-ROCK

[PR]
by koyonagamura | 2012-11-07 09:57 | スターライト2012


by koyonagamura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
contact
コメントは
こちら
までお寄せください。
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧