SHONAN BEACH FM -NAGAMURA KOYO 長村光洋

湘南カチート 水曜23時 JUKEBOX 金曜17時 N盤アワー 月曜23時 のブログです。
<   2012年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
ARTIST LIST
Artist List 29th August Wednesday 2012
まるで夏休みの宿題におわれる小学生のように、、、夏フェスで留守にした間の新譜を躍起になってかき集める私でありんした。いつもながらの新譜特集にもどります
(+印は番組中、トークのBGM使用です。)


1. The Alakadeliqs   カナダ出身の新人、今年有数のポップな一枚
2. Little Majorette スウェーデンからの思い切りの良いポップバンド
3. Dent May   サーフ・ミュージックは何故かエレクトロが似合う
4.+ Royksopp        毎度御馴染みのオープニング
5. Bloc Party    ニューアルバム「フォー」からポップな一曲
6. Sleeper Agent アメリカからいきなり出てきた新人、ポップです
7. JJAMZ    マルーン5 のギタリスト、ジェームスのバンドです
8. Heavenly Beat      エレポで一息、なかなか上品な一枚
9.+ Royksopp     この後は、ロックンロールが派手に続きます
10. Reverend Makers A.モンキーズのA.ターナーもここ出身だそうです 
11. The Darkness 復活作!ロックのDNAに今後の更なるご発展を期待
12. The View     ロックを演奏するために生まれてきた奴らです
13. Hacienda  B.キーズのダンがプロデュースしたイカシタ、ロック
14.+ Bongolian      この後もロックが続きます
15. Ariel Pink`s Haunted Graffiti  このニューアルバム、最高です
16. The Monochrome set  17年振り10枚目のスタジオ・アルバム
17. Edgar Summertyme この夏のエドガー・ジョーンズでありました
18.+ The Natural Yogurt Band   ここから、少し落ち着きます
19. Lee ranaldo band リバイバルが期待されるフリート・ウッド・マック
~ Best Coast    のトリヴィュート・アルバムから2曲どうぞ、
20. Susanna Hoffs  元バングルズの彼女の久々のソロ・アルバムから
21. Milo Greene カリフォルニアの男女混合コーラス・フォークバンド
22.+ Serph          ジャズからバルカン・ブラス・バンドへ
23. Joe Jackson Feat. Iggy Pop  D.エリントンに捧げたニューアルバム
24. Boban i Marko Markovic orkestar セルビアのジプシー・ブラス
25. Melech Mechaya    ポルトガルで活動するミクスチャーバンド
26. Watcha Clan ダンス・ビートを入れた仏マルセイユのミクスチャー
27+ Chapelier Fou    就寝までに落ち着いた音楽で寛ぎましょう
28. Antena      夏の終わりに奇妙なボサノヴァを聴きましょう
29. Mikado  同じく、愛しのクレスプキュールから、80年代エレガンス
30. Jessie Ware 新人ですが、なかなかお洒落なポップ・アルバムです
31.+ Nutid    そうだ、まだ寝てはいけません、この後はライツ・アウト
32. Antony and the Johnsons アントニーの新譜から、やはり素晴らしい

[PR]
by koyonagamura | 2012-08-29 00:07 | スターライト2012
追悼 ジョン・ロード  ビーチFM 8月の日記から
c0198594_14281248.jpg








1941-2012 Jon Lord

ディープ・パープルの鍵盤奏者ジョン・ロードが先月71歳で亡くなった。 私のロック人生は TVのウルトラマンのテーマに始まりモンキーズを通してパープルで開花したので,本当に悲しい知らせだった。訃報を聞いて,久しぶりに聴こうかとCDを探したら実は所有していないことに気がついた。アナログレコードは英,米,独,日本盤で揃えていたのだが、、、それが益々遠い昔のことのように感じた。青春に代替品は無いのだ。
さて、このバンドのどこが一番好きだったのかと言えば,それは故ジョン・ロードの凛々しき口髭である。60~70年代当時ヒッピー文化と相成り,ミュージシャンがまるでクロマニヨン人のように退化していた頃,彼はとびきりハンサムで英国紳士的な風貌をしていた。元来ミーハーで元祖ヴィジュアル系の私は彼に憧れて高校三年の終わりに念願の口髭を生やすことにした。最初の頃は子供だから薄かった。それを気にして、夜,鏡を見ながら隙間の部分を埋めようとボールペンで補足していたくらいだから,ちょっと狂気がかっていた。今でいうアイラインと付まつ毛で目元パッチリの女の子のような感覚だろうか? とにかく私はジョン・ロードのようになりたかったのだ。その後,その対象はフレディー・マーキュリーや藤達也、髪が薄くなってからはショーン・コネリーに受け継がれ,私は人生の大半を髭と歩むことになった。当時の日本では髭を生やして会社に出勤することは許されていなかった。よって、私はいかなる時も髭を剃らないですむ道を選択したが,今になって考えると,それがどれほど自分の人生にプラスになっていたか気付くのである。したがって,ジョン・ロードは僕の人生に一番影響を与えた人物である。あの日以降,彼を追悼する名目でカラオケでパープルを歌うことが多くなった。夜の銀座の街に音程の外れた雄叫びが響いていたら,そっと店のドアを開けて覗いてみてください。それは私です。
[PR]
by koyonagamura | 2012-08-23 14:19 | ビーチFM今日の日記2012~
ARTIST LIST
Artist list 22nd Aug 2012
夏フェスも終了いたしまして、今夜はこの夏、頑張ったミュージシャン表彰式

1. The Beach Boys        彼らがいるだけで夏を感じます
2.+ Royksopp           定番のオープニング
3. New Cool Collective      大人の演奏してました
4. Green Day     スタジアム超満員 やはり、ナンバ-ワンでした
5. Garbage            お姉さま、貫禄のステージ   
6. Franz Ferdinand         この曲が、あれば安泰です
7. Spiritualized        やはりフジロックとの相性は抜群でした
8. St. Vincent         今年、2度目の来日、全快より好い音
9. The Heartbreaks   こういうバンドが減ったからこそ期待の新人
10. The La`s        祝!CAST ジョン・パワーズ来日
11. Russian Red   このデヴューアルバムは2011年の隠れた傑作でした
12. The Shins             次は是非、屋外で御願いします
13. GOTYE                再来日、単独公演熱望
14. Tears for Fears 2012年、この夏は、この歌で決まりだったんだと実感
15. Scritti Politti ついでといっては何ですが前回TFF来日1985年のアルバム
16. Godley & Creme トレバ-ホーンと来日したことはあまり知られてない
17. The Kinks         この夏の一つのクライマックスです    
18. Mott the hoople  関係ないけど次はイアン・ハンター呼んでください
19. Free   またまた関係ないけど、次はバッド・カンパニーお願いします
20. Little Feat    ビルボード公演よかったです、次は野外でお願いします
21. Dr.John   次のニューオリーンズはこの人とネヴィル・ブラザース熱望  
22. Patti Smith 祝!来日決定!次はフジロックでフジサン合唱してください
23. Radiohead      祝!ソールド・アウト 文句なしの人気でした、
24. New Order       ものすごくカッコいい普通のオジサン
25. Django Django  声も出てたし、演奏も好い、しかもハンサムでした
26. Electric Guest     ちょっと小ぶりだがキラリとセンスが光ります
27. Grimes    期待以上、まだまだ、発展途上の半分イカレタ御嬢さん
28. Alt-J  地味ではあるが、大変、個性的な曲をきかせてくれました、花丸
29. Deathcab for cutie          再来日、単独公演希望
30. Stone Roses       2012年は何故かマンチェスターな夏でした 
31.+ Quiet Village   

[PR]
by koyonagamura | 2012-08-22 10:15 | スターライト2012
ARTIST LIST
Artist List 15th August 2012
残暑お見舞い申し上げます。暑い夏にお送りする熱いけどクールなロック、気ままな選曲の二時間。       (+印は番組中のBGM使用です)


1. Karen Ann     D.Bowieのカヴァー から、火星探索成功記念
2. The Kinks   レイ・デイヴィス、オリンピック閉会式出場記念
3.+ Kaiser Chiefs   オープニングトークのBGM、変えてみました
4. The BPA feat. Iggy Pop クールなロック集、低音の魅力でスタート
5. Tricky            Knowle west boy から
6. Paul Weller          秋の来日が楽しみです
7. Clinic         変態手術医集団、ス~~っと寒いです~   
8. The Charlatans 今年は大磯ハシエンダ・フェスで来日もしました
9.+ Royksopp   ロックだけど涼しく聴く二時間、引き続きどうぞ    
10. Lou Reed        96年のアルバムニューヨークから
11. Kevin Ayers     71年までさかのぼりました、低音の魅力
12. Etienne Daho        フランスから1991年の作品
13. Benjamin biolay     2009年のアルバム、ラ・シュペルブから
14. David Bowie       アルバム「Pin Ups」から
15.+ The Natural yogurt band 先週はラム酒だったが、今週は何だろう?  
16. Franz ferdinand      サマソニまで、あと三日、
17. EEls  今年は鰻の値段が高騰したが、このバンドは相変わらずだった
18. Jonny    Teen age funclub のノーマン・ブレイクのバンドです
19. Gruff Rhys  スーパー・ファーリー・アニマルスのグリフ・リース
20. Here we go magic   今、一番クールなバンドかもしれません
21.+ Chapelier Fou    お盆休みからお帰りの皆様、お疲れ様でした 
22. Sonic Youth  94年 Experimental Jet Set ,Trash and No star から
23. The Flying Lazards      1980のデヴューアルバムから
24. Snake Finger  79年作品、レジデンツ第五のメンバーといわれる
25. Grimes   今年のサマーソニックで彼女のステージが一番楽しみ
26.+ Brian ENO          懐かしの75年作品から
27. Anna Domino   今日はDominoレーベルが多かった。ついでに名曲
28. New Order     祝!来日!あと四日、2001年のシングルから
29. Editors   クールなロックシリーズそろそろエンディング、05年から
30. The Verve          08年の再結成アルバムから
31. Factory Floor フジにも出演したが私は夜中まで起きてられなかった
32. Gang Gang Dance サマソニまで、あと三日です、体力温存しましょう
33. Goyte     サマソニ出演!今年度、最大のヒット曲でお別れです

[PR]
by koyonagamura | 2012-08-15 09:32 | スターライト2012
artist list
Artist List 8th Aug. 2012
オリンピック観戦で寝不足のあなたに送る、オリンピック観ながら聴ける
懐かしの和やかラテン・ミュージック集。
(+印は番組中トークのBGM)

1. Stan Kenton     1959年N.Y.録音VIVA KENTON より
2. Joe Quijano   1962年NY サルサ前夜のラテン・アルバム
3.+ Perez Prado    日本で懐かしのラテンといえば、この人
4. Roberto Torres   アルバム「HAVANA MOOD」から
5. Orq.Riverside con Tito Gomez バンドは38年創立、64年録音
6. Joe Cuba Sextet       1954の録音から
7. Eddie Cano & His Sextet  1958年「Deep in a drum」から
8.+ Adolfo Guzman 60年代キューバのラウンジ・ピアノ集より
9. Luiz Gonzaga ブラジル北東部,レシーフェのバイオーンの父
10.+ コンジェント・エポカ・ヂ・オウロ ショーロ,ブラジルのジャズ
11. Guadeloupe   戦前の流行歌ビギン、66年録音の作品集より
12. Rico`s Creole Band 1934年の録音、戦前パリの流行「ビギン」
13. Johnny Rodriguez y su orq. 36年の録音ティト・ロドリゲスの実兄
14. Don Barreto フランス・パリのルンバ・ブーム貢献者、34年録音
15. Don Azpiazu      御存知,南京豆,1930年録音のヒット作
16. L`Orchestre Typique Cuban 30年代ヨーロッパ流行のキューバ音楽
17. Maxine Sullivan  アメリカン・スタンダードから47年作品
18. Ethel Waters    同、アメリカン・ポップ1933年の録音
19. Betty Page    ドイツ制作彼女のメモリアル・アルバムから
20. El Gran Fellove 50年代メキシコで活躍したキューバ,フィーリン歌手
21. Orq. Cubana de musica moderno イラケレ結成前夜,キューバンバンド
22. Hector Quintero     今夜はラム酒を片手にお寛ぎください。
23.+ Cal Tjader         1951年初期の作品から
24. Fernando Alvarez 50年代のハバナのバーの定番「フィーリン」
25. Jose Antonio Mendez キューバよりメキシコ経由フィーリンの立役者
26. Luiz Eca & Cordas Bisconto ブラジルからタンバ・トリオのピアニスト
27. Elizete Cardoso     1958年録音 ブラジルの大御所
28. Elizete Cardozo    1950年録音、サンバ・カンソーンの女王
29.+ Brazilian Jazz Quartet 1958年、ブラジルのW.コースト ジャズ
30. Henry Mancini 1959年,米TVドラマシリーズのテーマ、大ヒット作
31. Caterina Valente イタリア人を両親に持つパリ生まれ,50‘sの代表的歌手
32. Henry Mancini  「ティファニーで朝食を」からラテン・ナンバー
33. Tito Puente    50年代N.Y.マンボ・ブームの代表作 58年録音
34. Tito Gomez y la Orq. Riverside  キューバの名バンド,ティト名義の作品
35.+ Noro Marales    キューバのピアニスト、ムーディなラウンジ音楽
36. Quarteto de Bruno Solis  ここからは60年代ブラジルからレアな演奏
37. Silvio Cezar et Meirelles どこまでお聞きいただけるでしょうか?
38. Os Catedraticos  
39.+ Dave Pike
[PR]
by koyonagamura | 2012-08-08 10:29 | スターライト2012
Arist-list
Artist list 1st August 2012 Wed.
フジロックも晴天のうち無事終了し、今夜は気持ちを切り替えまして2012年後半戦
フレッシュな新譜特集です。
   (+印は番組中のBGM使用)


1. Viladimir Cosma のんびりとイージーリスニングでスタート
2. Los Fulanos バルセロナのラテンソウル、ブーガルーバンド
3.+ Royksopp  お馴染みのオープニングテーマ
4. Ondatropia  コロンビア音楽集大成、何故かブラック・サバス
5. Maroon 5  ついでにマルーン5のラテン曲
6. Maroon 5     ニューアルバムから
7. JJAMEZ      M5のジェームスがいるバンドです
8. The View     英国ロックの王道を進みます。来日熱望!
9. Sleeper Agent  若さあふれるアメリカンロックのニューカマー
10. The Enemy    オリンピックの開会式で演奏して欲しかった
11.+ The Bongolian  
12. Edgar Summertyme エドガー・ジョ-ンズの夏、、だそうです
13. John Frusciante    あの元レッチリのジョンのシングル
14. Dent May     エレクトリック・サマー・ポップス
15. Fanfarlo      英国のインディーフォーク    
16. Milo Greene   ロス出身の男女混成コーラスが魅力なフォーク
17. Theresa Anderson ニューオーリンズ経由のスウェーデン女性
18.+ Nutid
19. Susanna Hoffs バングルズのスザンナ、ソロとしては16年振り3rd
20. Clare and the Reasons     ベルリン録音、意欲作です
21. Jesca Hoop 毎度お馴染み、トムウェイツ家の元ベビーシッタ―
22.+ Serph
23. Saint Etienne    英国のエレポップの老舗、ニューアルバムです
24. Heavenly Beat    北欧的爽やかさをもつ米国のエレポップ  
25. Little Majorette   スウェーデンのPOPバンド、面白いです
26. Kimbra オーストラリアの新人女性、ゴティエの大ヒット曲のお相手
27. Friends  ジャングルビートが効いたエレクトロ・パーティ・バンド
28. Reverend Makers    英シェフィールドの超!踊るロック
29.+ Yppah
30. Patti Smith 来年はパティスミスです、フジサンが日本にこだまするよ
31. Neil Young  ベテランの貫録のロックンロールでエンディング予定
32.+ Quiet Village

[PR]
by koyonagamura | 2012-08-01 10:41 | スターライト2012


by koyonagamura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
contact
コメントは
こちら
までお寄せください。
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧