SHONAN BEACH FM -NAGAMURA KOYO 長村光洋

湘南カチート 水曜23時 JUKEBOX 金曜17時 N盤アワー 月曜23時 のブログです。
<   2012年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ARTIST LIST
Artist List 2012 27th June
今週の29日(金)はいよいよ逗子の海開きです。今夜は前夜祭、サーフミュージック
の解禁日、二時間たっぷり「海」な曲をお届けいたします。
(+印は番組中トークのBGM使用です)

1. The Beach Boys      ニューアルバムからへヴィーローテ
2. The School  B.ウィルソンのフォロワー、ニューアルバムから
3.+ Royksopp
4. Onda Nueva en puerto azul ヴェネズェラの作曲家、E.リスニング
5. Explorers club   ソフトロックのフォロワー2012年アルバムから
6. Louis Philippe    麗らかな初夏に1993年から
7. Hunky Dory     80年代のお洒落レーベルel から
8.+ Musica Parahacer la Digestion
9. Michel Colombier ゲンズブールの楽曲アレンジした仏アレンジャー
10. Liz Brady        60年代フランスのガールズポップ
11. Michele Brousse  1984年のフランス映画 Vive las femmesから
12. Milton Hunter Orchestra 1972年作品ラウンジ・イージーリスニング
13. Daniela and Ann ドイツのラウンジ・ポップ Black and Whiteから
14.+ Orchester Pete Jacques
15. Polly brown イーグルスのT・シュミットのカヴァーで知られます名曲
16. The shirelles     C.キングの作品1961年のナンバー1ヒット
+ talk
17. Don cicone     アンダース&ポンシアのメモリアル作品集から
18. The Innocense  同上 A&Pが1967年に結成したグループアルバム
19.+ Lourindo Almeida
20. The Rogues B.ジョンストンがビーチボーイズに加入する前のバンド
21. The Beach Boys   1st アルバムから 当時カールは16才でした
22. Mally Page      義兄のトニーハッチの作曲兼プロデュース
23. Lorraine Silver    当時13歳だったそうですが、、天才少女、、
24.+ Brian Bennett
25. April March      ゲンズブールのカヴァー曲
26. The Primitives  21年ぶりに復活をはたしたガールズグループ、新譜
27. Cudzoo & the Faggettes  ブルックリン出身の三人組 新譜
28. The Pipettes       2006年の懐かしのキュートな三人組
29.+ Link Wray
30. The Lolas      ここからは毎年復活!夏のポップロック
31. The Wannadies    スウェーデンのポップロックバンド
32. Lake Heartbeat   最後まで爽やかポップロックでまいります。 
33. Persephone`s bee 2006年、ロシアの女の子を入れた米国ポップ
34. The Raveonettes   このバンドこそ夏フェスに呼んで欲しい。
35.+ The High Llamas
36. BMX Bandits     グラスゴーの老舗、2007年の名盤から
37. Keane        ポップの王道2012年の新譜より
38. LIzz Wright     ゼッペリンのカヴァーです。2008年から
39.+ Quiet Village
40. Melody Gardot    ここまでかかるかしら?2012年ニューアルバム

[PR]
by koyonagamura | 2012-06-27 12:00 | スターライト2012
Arist-list 2012
Artist List 2012 20th June
夏フェスに向けてエネルギー充填、2012年のニューアルバム特集、
ここにきてベテラン勢が大活躍
(+印は番組中のトークのBGMです。)


1. The Beach Boys  ビーチFMのリスナーには評判が良いようで、
2. Keane ビーチ・ボーイズの新譜に負けず劣らずの爽やかポップ
3.+ Royksopp
4. ALO        前作は年間のベスト・ロックの一枚でした
5. Campo       アルゼンチンのロック・バンド
6. Lady Hawke   1st はニュージーの賞を独占、飛躍の新作
7. Garbage       祝!サマソニ参加 ライヴは必見
8. Scissor Sisters   貫録つけちゃつていいのか?ゲイの王道
9.+ The Natural Yogurt Band
10. Neil Young  新作は素晴らしいロック・アルバム、年輩者必聴! 
11. Patti Smith   ベテラン勢が元気です。聴き応え十分の新譜
12. Alabama Shakes    それでは、いきなり孫の代に移ります
13. Clairy Browne & The Bangin Rackttes イメルダ以来の逸材です
14.+ Paolo Negri
15. Jack White   フジロック参加。今年のソロアルバムから
16. The Statesmen  ロックンロールの王道を行ったアルバムです
17. Diamond Rugs  このバンドもロックのDNAたっぷり。
+ talk
18. Here we go magic  今週末、恵比寿でライヴがあります。注目!
+ talk
19. Alt - J        ここからフジロック参戦!新人三羽ガラス
20. Electric Guest  今年のフジの新人三羽ガラスのステージは楽しみ 
21. Django Django 正直言ってメインアクトより新人が面白そうです
22.+ Royksopp
23. Spiritualized 彼もフジロックから、土曜のレッドマーキーのトリ
24. The Shins フジロックのひとつの目玉、何故?レッド・マーキー?
25. Gossip  バンドの将来をかけた、踊れるポップアルバムから
26.+ The Bongolian
27. New Cool Collective こういうバンドがフジに来るのは嬉しいですね 
28. Besh o drom    ハンガリーのミックスチャ―バンド
29. Zak May & Shiva     番組終盤は東欧のポップスへ
30. Mashrou`Leila 2012レバノンのポップス、コンピュレーションから、  
31.+ Jewrhythmics      ジュ―イッシュ・エレクトロ
32. Petula Clark  あの「恋のダウンタウン」の彼女です。15年振り

[PR]
by koyonagamura | 2012-06-20 10:57 | スターライト2012
蓄音機に魅せられて
湘南カチートを担当して2か月余り,私は相変わらず蓄音機とSP盤廻りをしております。古いものを大切になさっている方は大抵親切で,懇切丁寧に御教授頂けるので,幸せな時間を過ごしております。蓄音機は絶滅危惧種であるという先入観をもっていましたが,その歴史は80年とLP盤よりも長く,戦争のダメージが少なかった国では良品が多く保存されているようです。いつでも一番気楽に聴けるのは日比谷公会堂下のアーカイヴカフェで,ここでは重厚な歴史的建築物の中で珈琲やワインを飲みながら音楽を楽しむことができます。英HMV社の高級蓄音機のゼンマイを巻き,鉄針を一回一回取り替え,そしてSP盤を丁重にセットし針を乗せるまでの作法は,日本の茶会を連想させるような深い趣があります。レコードながら,歌手や芸人と同じパフォーマンスができるのです。何故鉄針を一曲ごとに取り替えるのかお尋ねしたら,鉄針は新しく買えるけど,SP盤はもう作っていないからと返事を頂きました。私ならついつい2曲,3曲と針を使ってしまうことでしょう。 
SP盤コレクターの毛利さんの会に参加した時は東京,千駄木にあります旧安田楠雄邸に足を運びました。ここは和風建築に洋風の応接間,そこから眺める庭園が美しい歴史的保存物です。自分が蓄音機を買ったら,それに似合う古家や洋館まで探さなければいけないなぁ~,一体いくらかかるんだろう?音楽に耳を傾けながら不動産のことなどを考えてしまいました。
さて,このSP盤や45回転のシングルレコードを一曲ずつかけるという行為がラジオのディスクジョッキーの基本を築いた,といったら語弊があるでしょうか?今の私たちの音楽の聴き方は自動給茶器のボタンを押してお茶の出涸らしを飲んでいるようなものです。それはそれで良いのです,便利だから。でも素晴らしい過去の歴史は勉強しておいたほうが好いでしょう。このトラディショナルな礼儀作法を電波にのせて音楽をお届けできれば、、蓄音機からそれを勉強させて頂いた今日この頃です。
[PR]
by koyonagamura | 2012-06-18 10:51 | ビーチFM今日の日記2012~
ARTIST LIST
Artist List 2012 June 13th      (+印は番組中のBGM使用)
前半は新譜特集、間に60~80年代のインターナショナルポップをはさんで後半は
エキゾチック・ミュージックの二時間。


1. Cola Jet Set   スペインの女の子、夏向け爽やかPOP
2. The Like      英国の60‘s風娘っこバンド
3. The School   60‘s風女性ボーカル、デヴューアルバムから
4.+ Royksopp
5. The School    The School 2012年ニューアルバムから
6. Regina Spector  個性派女性ボーカル、ニューアルバムから
7. The Beach Boys  大ヴェテラン、久しぶりの新譜から
8. Patti Smith     快作!ニューアルバムから
9. The Delta Rhythm section ここからエスノPOPスタート
10. The Bombay Royale インド映画音楽に影響された豪国のインドバンド2曲
11.+ Link Wray       
12. Andy Voltel      エレクトロ過激ラウンジ
13. Chinna Veedu    80‘s踊り続けるインド映画から
14. Urfali Babi      70年代トルコのディスコミュージックから
15. Anand Prayag      再び懐かしのインド映画から 
16. Kalyanji Anandi Title theme  同じく踊るインド映画から
17.+ Sachal Jazz          テイク5 の印度版
18. New Cool Collective    祝! フジロック来日 
19. Nelo Costa       ここから60年代のスペインに飛びます
20. Peter Soto      今夜はスペイン風のカヴァー曲が並びます     
21. Tania Velio
22. Laura Casale
23.+ Laura Green    70年代の米ポルノムーヴィー・サントラから     
24. Marvin Martin    インストで一休み
25. Mireille Mathieu   70年代イタリアから、モリコーネの作品
26. Philippa Clay    70年代フランスから
27.+ Serph
28. Joe Figers Carr   ここからエキゾチック・ミュージック特集
29. Martin Denny      日本での知名度はナンバー1
30. Les Baxter  今夜は廉価版発売記念、もちろんレコードでもってます 
31. Les Baxter    何と!旧譜が8枚揃ってCD4枚組で880円
32.+ Les Baxter    1枚110円という計算になります。安すぎ!!!
33~35 Les Baxter Real Jazz Gone という泣けてくるレーベルです。
36. Melody Gardot        ここまで、かかるでしょうか?

[PR]
by koyonagamura | 2012-06-13 12:42 | スターライト2012
LADYHAWKE
c0198594_1251029.jpg ニュージーランドの出身5年前からロンドンで活動中のレイディホークの2ndアルバムです。1stは2009年のニュージーランドのミュージックアワードをほぼ独占しました。英国においてもARIAブレイクスル-アーティスト賞を獲得、1979年現在32歳、まさに勢いのついた活動を展開中です。パット・ベネター、キム・ワイルド、シンディ・ローパーに影響を受けていると云われるごとくポップな演奏が耳に馴染みますが、基本はあくまでもロックンロール一色。痛快なガールズロックに仕上がっております。
[PR]
by koyonagamura | 2012-06-06 12:07 | 2012アルバム紹介
POLICA
c0198594_10373910.jpgアメリカ・ミネアポリス出身女性ヴォーカルバンド。SPOON の JIM ENO がプロデュースしただけありまして、かなり強いイメージが創出された作品です。最近よくあるプロモーションですが、あのボン・イヴェールもお気に入りのバンドの一つに入れているとのことです。前者のこの2つで、だいたい想像できるかもしれませんが、中軸は R&B で固めました。幻想的でちょっとダーク、エレクトロな「これが聴きたかったんだよ!!」という一枚です。サックスを入れたソウルナンバーは、今一番観たいステージ演奏の一つ。
[PR]
by koyonagamura | 2012-06-06 10:51 | 2012アルバム紹介
ARTIST LIST
Artist List 2012 6th June
夏のロックフェス・シーズンを前にハイテンションなニューアルバムが続々入荷、疾走する120分!!  (+印は番組中トークのBGM使用です。)


1. Keane      新作のこのポップさ、ラジオ局は彼らが大好き。
2. Beach House  期待を裏切らないニューアルバムが到着。
3. Beach House  前作からも一曲、聴いて住まいましょう。
4.+ Royksopp
5. Beach Boys 新作!タイトルは「これが神がラジオを造り給う理由」訳
6. The Raveonettes ビーチ・ボーイズの代りにノリノリのサーフ ?
7. Dum Dum Girls   夏だ!サーフ・ミュージック その2
8. The Primitives  夏だ!ガールズ・ポップ。とはいえ21年ぶり新作。
9.+ The Natural Yogurt Band
10. Ladyhawke 2012年の女性ヴォーカルアルバムはこれに決まり!
11. Garbage        祝!サマーソニック 参加
12. Wild Flag       ガールズロックが続きます。
13. scissor sisters ニューアルバムが出ただけで心がウキウキしてまいります。
14. Gossip     かなり、聴きやすくなったと感じます。勝負!の新作
15.+ Royksopp
16. Electric Girls  D.マウスのプロデュース。面白ソウルなデヴュー作。
17. Django Django  英国出身の斬新で。チープなエレクトロポップ
18. Ultravox    なんと28年ぶりの新作。ほくそ笑んでしまいました。
19. Magazine     2011年のマガジン復活作も聴いてしまおう。
20. Peter Murphy  昨年の棚からピーター様も引っ張り出してきました。
21. Polica  米・ミネアポリスの女性・ヴォーカルバンド。好い雰囲気。
22. Jack White   フジロックに出演。この曲はへヴィーローテ。
23. Alabama Shakes   注目の新人。これなしに番組は続かない。
24. Dr.John        超ベテランのハイ・ヴォルテージな一作。
25. The Black Angels  昨年のフジでの快演が記憶に焼き付いてます。
26.+ Serph
27. Carman Maria Vega フランスから、彼女のイメチェンの快作・ロック
28. The Enemy 本物のロックンロールとはこれだ!DNAを引き継ぐトリオ
29.+ Japan Cakes   ここから静かに、寝る準備。
30. Norah Jones   D.マウスのプロデュース・新作から。
31. Rumer     カヴァー曲を集めたニューアルバム。延命の佳作。
32. Melody Gardot 大ファンです。彼女の声があれば、それだけで満点。
33.+ Quiet Village
34. Rufus Wainwright  ラストまでかかるかな?  

[PR]
by koyonagamura | 2012-06-06 10:06 | スターライト2012


by koyonagamura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
contact
コメントは
こちら
までお寄せください。
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧