SHONAN BEACH FM -NAGAMURA KOYO 長村光洋

湘南カチート 水曜23時 JUKEBOX 金曜17時 N盤アワー 月曜23時 のブログです。
<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
外国の皆様に早く戻ってきていただきたく思う、この頃
ビーチFM 今日の日記 3月から

地震以来,多くの在日外国人の方々が帰国しました。僕の住む東京の麻布・広尾界隈は
閑古鳥が鳴いていてワインやチーズのセールが目立ちます。街角のカフェやお店から
彼らの姿が消えて10日になりますが,禿鷹ファンド(古い?)でも良いから早く日本に
帰ってきてほしいと思います。
さて、僕の家の近所に西町インターナショナル・スクールという学校があり,松方ハウス
という東京都歴史的建造物に指定された洋館が建っています。 大正10年に
W.M.ヴォーリーズ(メンソレータムの近江兄弟社の設立者)がスクール創立者の松方
種子さんの私邸として設計し,後に,ライシャワー夫人となる春子さんがここで育ちました。
大戦後,各国の大使館として使用されたあと1965年から現在の学校になっています。
教育の目的は「日本と他の国の文化・言語の架け橋になれるような人を育てること」です。
うちの子供もここに通わせました。数年前に家屋崩壊の危険性があったので耐震補強を
したものの,今回の地震で壁に亀裂ができなかったことが不思議に思える程,古い建物です。正門脇に校長室がありますが,先日,学校の前を歩いていたら,この部屋に明かりがついていることに気が付きました。中を覗くと校長のMr.テリー・クリスチャンが一人で仕事をしていました。彼はアイルランド出身で地震の経験が日本人程多くありません。。校長室の窓をたたいて「ウェルカム・ バック ・トゥ・ジャパン!地震で大変だね。」と言いに行くと「いや~学校があるから帰国できなかったんだ。」 という答えが返ってきました。
「あんた,よくもこんな古い建物の中で仕事してられるねぇ~。」 と思わず言ってしまい
ましたが,故・松方さんは,この学校に私邸を寄付する時に,遠く海の彼方からやってきた,
こんな男が恐怖にもめげず学校を守ってくれることを信じていたに違いありません。僕の
周りの日本人にも,テレビを消して一日,本を読んでいる人、絵を描いている人、ボランテ
ィアに出た人も沢山います。ここ数日,そわそわしながら携帯をいじりまわしていたのは
ぼくだけでしょうか?
今回,早々と帰国した外国人の方の理由の多くに日本国内の情報の発信不足があげられます。その点でこの学校の目的は達成できていないのかもしれません。自分の余生は,日本復興の為,世界に通用する情報社会の基盤を作ることに貢献したいと50を過ぎて新たに心に誓う!今日の僕です。

PS: この建物は耐震工事を完了しており、安全であるとのことです。
  ご安心ください。
[PR]
by koyonagamura | 2011-03-26 12:18 | 日記2010-2011
artist list
地震による被害をうけた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

artist list 16th March 2011
今晩は、心安らぐ音楽と皆様ご存知の懐かしのメロディで安心したひと時を送っていただきたいと思います。

1. David palmer
2. Nutid
3. + Nutid
4. Michel Nyman
5. Roger Eno
6. Roger Eno
7. Roger Eno with Kate St. John
8. Roger Eno with Kate St. John
9. Roger Eno with Kate St. John
10. +Chapelier Fou
11. Free Design
12. Free Design
13. Aldemaro Romero and his Onda Nueva
14. Sergio Mendes & Brazil 66
15. Mongo Santamaria
16. Muzzy Marcellino
17. The Beatles
18. Stevie Wonder
19. David Palmer
20. The Beatles
21. Bill Withers
22. Billy Preston
23. Nina Simon
24. UB 40
25. +Royksopp
26. Cold Play
27. Enya
28. Enya
29. Police
30. +Gonzales
31. TV soundtrack
32. Jimmy Durante
33. Gilbert Becaud
34. Pink Martini
35. +Henry Mantini
36. Lou McGarity Quintet

[PR]
by koyonagamura | 2011-03-15 23:36 | 2011番組音楽リスト
ASA / David Walters
c0198594_13331533.jpg昨年暮れにフランスに行ったけど音楽を見つけるという意味(オペラやクラシックを除く)では、あまり収穫がなかったように思います。カフェでお茶をしててもBGMに胸をときめかすことはなかったし、僕の好きな往年のシャンソン、フレンチ・ポップなどは影をひそめて、街で巡り会う機会も少なくなりました。そりゃ~そうだよな、日本だって南 沙織や天地 真理を流すカフェなんか、そうそう無いものねぇ。原因は自分にあったのかもしれません?。おかげでシャンソン・ミュージカルの「パダン・パダン」を2夜も観てしまいました。
c0198594_1493814.jpg観客は60~70歳位のフランスの御爺さん、お婆さんが大多数でした。
さて、最近のポップスの話ですが、このところフレンチ・ポップといえばマルティニーク系のテテ、このデヴィッド・ウォルターそしてナイジェリアのアシャの歌に惹かれます。サッカーと同じで代表チームのメンバー、ふたを開けてみたら移民系ばっかりと、そんな様相です。パリから地下鉄に乗って郊外へ行きますと、段々と乗客の人種が入り混じり、ここもパリか?と不思議な雰囲気に変貌いたします。落書きも多いし、妖しい感じも出てきます。充分に理解するほど居りませんでしたが、おそらく移民文化なるものがパワーを発散しているのでしょう。僕が観光客として滞在するフランスは長い伝統と文化と歴史の国です。一方、彼らの歌はフランスの「今」を輝かせています。この春、アシャ、デヴィッド・ウォルター、テテ、三人がこぞって来日いたします。我々が求めるフランスの香りではない、フランスのパワーというものを感じる良い機会だと思います。今後、永住権の枠を拡大していく日本にとって大事なことかもしれません。
[PR]
by koyonagamura | 2011-03-09 13:31 | 2011アルバム紹介2011年
artist list
ARTIST LIST 9TH FEB. 2011

ポップミュージックは春の準備整いました。元気な2時間。終盤は御愛嬌。
1. JESSIE J
2. ALEXIS JORDAN
3. NICKI MANAJ
4. +YPPAH
5. RON SEXSMITH
6. BRIGHT EYES
7. GRUFF RHYS
8. GONZALES
9. CAKE
10. JONNY
11. CLOUDBERRY JAM
12. +SERPH
13. THE SHOES
14. MUNK
15. HERCULES & LOVE AFFAIR
16. NEAL
17. KT TUNSTALL
18. BARREL HOUSE
19. WANDA JACKSON
20. +SOUND STYLISTICS
21. KOKONO n。1, JHEREK BISCHOFF
22. INESS MEZEL
23. THE MINYAWI PROJECT
24. +AHILEA
25. ELLA FITZGERALD
26. QUINCY JONES
27. FROHLOCKER
28. +THE BONGOLIAN
29. SIMON PARK ORCHESTRA
30. BUD SHANK & CHET BAKER
31. BUD SHANK
32. JOE PASS
33. +AVISHAI COHEN
34. SANDA
35. ESPERANZA SPALDING

[PR]
by koyonagamura | 2011-03-09 11:05 | 2011番組音楽リスト
artist list
artist list 2nd Feb. 2011 (+印はBGM使用にて流されます。)

北の国から南の国まで,春一番に乗ってやって来たインターナショナルなPOP
1. Bell and Sebastian      英
2. +Royksopp       ノルウェー
3. Eliza Doolittle      英 
4. La Sera         米
5. Puro Instinct       米
6. +Nutid
7. David Walters      仏
8. Tete           仏
9. Asa           仏
10. +Don Ross      米
11. Giulia y los Tellarini   スペイン
12. Carmen maria vega   スペイン/ 仏
13. Zaz               仏
14. +Vinicius Canturaria & Bill Frisell ブラジル
15. Reincidentes オス・ムタンチス/メキシコ トリビュート
16. the Holidays オーストラリア
17. +Royksopp            ノルウェー
18. Los Amigos Invisible       ベネズエラ
19. Bostich + Fussible        メキシコ
20. Va Fan Fahre          ベルギー/ アラビック
21. +Syriana              シリア
22. Arlt la Langue           フランス
23. Souad Massi            アルジェリア
24. Yael Naim             仏/ イスラエル
25. +Chapelier Fou            仏
26. Anna Calvi                英
27. Jean as police waman        米
28. PV Harvry                 英
29. +Kid Loco
30. Sanda                ルーマニア
31. Esperanza Spalding         米
32. The Moleskins           スウェーデン
33. +Mocky               カナダ
34. Valkyrien allstars          ノルウェー
35. Ammina              アイスランド
36. Valravn            デンマーク(フェロー諸島)
37. +Johanna Juhola           フィンランド

[PR]
by koyonagamura | 2011-03-02 08:05 | 2011番組音楽リスト
Deaf School  eneico + Bette XX
デフ・スクールのファンになったのは高校時代だ。70年代の半ば,一味違ったロックというとロキシ―,スパークス,10cc、コックニー・レベル等があったが,すでにキャリアがあって新人ではなかった。そういう意味で,デフ・スクールがデヴューした時は「これぞ,俺のバンド!音楽!と思ったものだ。」1976年の「2nd‐ Honeymoon 」はファーストとは思えないほど個性的だった,2nd では「TAXI 」という名曲を生んだ。しかし,ちょっとパンクっぽい3rd アルバムを残してデフ・スクールは解散してしまった。リヴァプールの音楽とはビートルズ → デフ・スクール → エコバニと,言われることも(たまに)ある程,評価の高い彼らであるがセールス的には上手くいかなかったようだ。 その後,ギタリストのクライグ・ランガーはマッドネス,コステロ,ディキシー・ミッドナイト・ランナーズ,そしてボウイ,モリッシーをプロデュースする。ヴォーカルのBett は Madness の Sugg と結婚した。でも,バンドは消えた。さて,高校時代に一番聴いていたデフ・スクールと10年後,僕が留学していたロンドンで再会した。再結成コンサートである。当時,学生にもどって2度目の青春を謳歌していた僕は2度目の出会いに因縁めいたものを感じた。会場の都合もあって100%満足のいくライヴではなかったけど,でも,自分の青春の音楽がこれで完結したような気分だった。残念ながら,それ以来,彼らのことは忘れていた。もちろん残された3枚のアルバムは今でも愛聴しているが、、過去のバンドになった。そして今年,デヴューから30年以上経って奇跡的な出来事が起こったのである。彼らは2011年2月なんと!!ついに初来日したのである。
ヤッター!!!。ブランクを感じさせない圧倒的パフォーマンスをもって高円寺HIGH は小劇場と化した。このミニCDは来日記念のニューアルバム,相変わらずの彼らの一味違った歌がつまっている。高校時代,三十路を迎える寸前そして50代に突入してからと人生の節目に3回出会うチャンスのあった音楽。今回のライヴを観て,人間の創造力ってものは,年齢には関係ない!本人の努力と才能によって永遠にエネルギーは発散されるのだ!といことをマジマジと感じたのである。彼らは芸術だ!お年寄りのみなさん!引退とは単なる通過点にすぎませんよ!
[PR]
by koyonagamura | 2011-03-01 08:49 | 2011アルバム紹介2011年


by koyonagamura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
contact
コメントは
こちら
までお寄せください。
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧