SHONAN BEACH FM -NAGAMURA KOYO 長村光洋

湘南カチート 水曜23時 JUKEBOX 金曜17時 N盤アワー 月曜23時 のブログです。
<   2010年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧
CLUB 8
c0198594_1011791.jpg1995年のデヴューで今作が7枚目だから,もうヴェテランの域に達しております -クラブ 8 - のニューアルバム「People`s record」。08年にはOn-Air Nest という小柄な箱ながら来日公演も行っております,日本でも少しは知られた保証書付きバンドです。彼ら当初はスペインのSiesta レーベからアルバムをリリースしておりまして、したがって,そのサウンドは,いかにもsiestaな透き通るようなアコースティック、エレクトロニカ・POPです。メンバーのKarolina Komstedt とJohan Angergard はスゥエーデン人でありまして,彼女の歌には北欧の貴重な夏の日差しが表れております。しかし,あくまでもCoolなのです。かなり太陽光線が弱い!でも,そこが良い!今回は全体がアフリカっぽいギターで統一されております。だけど, 黒いアフリカじゃなくて, 真っ白なのだよ。そこそこ,涼しい環境の中でアフリカを眺めて「私達ってあくまでもツーリストにすぎません」と言っている自覚が好印象です。 だって俺,アフリカ音楽,アフリカ音楽って騒いではいるものの,実際,アフリカに行ったことないもん、、。ワールド・カップもテレビで充分だし、、。そんな人にピッタリのこの夏の弱アフリカ風・ポップ・ミュージック。
[PR]
by koyonagamura | 2010-05-27 09:44 | 2010アルバム紹介4-6月
曲目リスト  5月 26日
Songlist 26th May (*印はトークのBGM)

1. Woods / Blood dries darker
2. Club 8 / Western hospitality
3. Nada Surf / Love goes on
4. *Gabor Szabo / Speiibinder
5. Realism / You must be out of your mind
6. Tunng / Hustle
7. Fredric / Black Fur
8. Mum / The smell of today is sweet like breastmilk in the wind
9. * Chapelier Fou / Grahamophone
10. Jonsi / Go Do
11. Freelance Whales / HANNA
12. Avi Buffalo / Can`t I know?
13. Emma Pollock / Letter to stranger
14. The Woodland / Can we stay
15. *The Natural yogurt band / Voo Doo
16. Massive Attack / Girl I love you
17. AIR / Heaven`s light
18. David Holms / Don`t die just yet
19. LCD Sound system / Drunk girls
20. *Royksopp / Eple
21. Trombone Shorty / Backatown
22. The Five corners quintet / Unsquare Bossa
23. Mike Patton / Che notte!
24. Cucu Diamantes / Mas Fuerte
25. KAD / Je T`aime si Fou
26. Caro Emerald / That man
27. *Paolo Negri /Under the rain waiting for you
28. Chico Buarque e Elza Soares / Facamos
29. Rita Lee / Blablabla

[PR]
by koyonagamura | 2010-05-26 14:12 | 2010番組音楽リスト
Mina Agossi
c0198594_9535145.jpgフランスを中心に活動する女性ジャズ・ヴォーカリスト。1972年生まれ,2004年のデヴュー盤から今作「Just like a lady」は7枚目になる。今回はジェイミー・カラム等で知られるCandid レーベルからNaive に移籍して注目のニューアルバムです。ビートルズ,アントニオ・カルロス・ジョビン,ジミヘンからシャンソンを網羅して歌いこなしている。カヴァー曲にしても一度,原曲を完全に解体して彼女なりの解釈で組み立て直すので別の曲にも聴こえる。記憶に残る最低限のメロディが耳に残る手法は,クラブ,ラップミュージックの方法論を手作業でJAZZに応用した様でもある。かといってシャンソンなんかも登場してしまいますが,いずれにせよ彼女の歌は単なる,そんじょそこらのジャズ歌手のモノマネ・カヴァーとは全然違うものだ。ヴィデオでミーナ・アゴーシのステージを見ると,彼女は既製の歌を歌っているのではなく,心の底から,体の奥から歌を表現しているのだと感じる。歌唱力じゃなくて表現力で歌える人って,そんなに多くない。従って,このアルバムもセルフ・プロデュースなのであるが,僕は大成功と思う。ムード・ジャズに慣れちゃった人には,途中ちょっと疲れるかもしれないが、、。
ヨーロピアン・ジャズ・ヴォーカルの快作 !
JAZZ界の黒いピカソといったら、、、間違いなく 大袈裟かな、、、、、?
[PR]
by koyonagamura | 2010-05-20 08:36 | 2010アルバム紹介4-6月
曲目リスト  5月 19日
Songlist 19th May

1. The midnight bell / The Highwire
2. Ishin denshin/ Keane
3. Happy up here / *Royksopp
4. Hustle and cuss / The Dead Weather
5. Samantha / Hole
6. Corrina / Black Francis
7. Eple / *Royksopp
8. Blood dries darker / Woods
9. Lonesome George / Yeti Lane
10. Big bad mean mother fucker / Girls
11. Bhang bhang I`m a burn out / Dum dum girls
12. Maleras Finest / *Dungen
13. Speak to me / The Flaming lips
14. Dance with the pixies / Gong
15. You are the one / The Time and space machine
16. 69 police / David Holmes
17. All I want / LCD Sound system
18. Chapter one / *The Natural yogurt band
19. Back to A / Club 8
20. Electrocution / Nada Surf
21. I love music / ALO
22. 45 / Ozomatli
23. Together at last / *Lack of afro
24. Blow free / Wishbone Ash
25. Intervales theme / Javelin
26. no vacation / The Apple in stereo
27. Gumball machine weekend / *Yppah
28. Pressure / Quardon
29. The black cat neighbourhood / Fallulah
30. Music / Hindi Zahra
31. waters of march / Mina Asossi
32. Music to my ears / * Mocky
33. Riviera life / Caro Emerald

[PR]
by koyonagamura | 2010-05-19 08:41 | 2010番組音楽リスト
弁当一筋9年の歳月が流れ、、
ビーチFM 今日の日記から

うちの息子が新しい学校に移るので,この夏で御弁当作りが終了する。
彼が5歳の時から,毎朝せこせこと弁当を作って9年が経過していた。
ラジオの放送が終わって,深夜営業しているスーパーで買い物し,翌朝
7時前にはキッチンに立っているんだから,今思えば大変な作業だった。
しかし,生活習慣というのは恐ろしいもので慣れてしまえば何とも思わ
ないものだ。スーパーでは時間帯によって半額商品が出る。賞味期限
ギリギリだから半額になるんだろうが,エコノミストな私は,それを翌日
のランチに平気で使ってしまう。たとえ,それが刺身であっても、、。
この9年間,一度も食中毒を出さなかったことを神様に感謝する。
美しく仕上げたお弁当のふたを閉じるときは,結構な充実感がある。
ランチタイムの息子の笑顔を想像すると,「幸せって,なんだっ~け?
なんだっ~け?」と思わず歌を口ずさんでしまう。でも,今思うと,
私は息子がそれを食べている姿を一度も見たことがないのである。
そう考えると「ひょっとして,これは私の幻想の産物ではないのか?」
と,疑問をいだく。何故ならば,私は朝7時に出来上がったお弁当に対して
は食欲がわくものの「これを5時間後に食べろ!」と言われたら 
「NO !」と拒絶するからである。従って私は,この9年間にわたる
貢献について,将来,息子に恩着せがましいことは言うまいと感じている。
ただただ,食中毒がなかったことを有難く思う、、。
 さて,ラジオのヒット・チャートじゃないが,ラスト10回の御弁当
カウント・ダウンは一体,何にしようと悩んでいる。,梅干し一つの日の丸
弁当にして「これがニッポンの心だ!」と閉めようか?でも,私自身も,
実はそれを食べたことがない、、、。

最後になるが,自分が作ったものを食べてくれる人がいるって,幸せなことだ。
感謝するのは自分の方かもしれない。
[PR]
by koyonagamura | 2010-05-19 07:55 | 日記2010-2011
曲目リスト  5月 12日
songlist 12th May

1. Scouting for girls
2. Jason Derulo
3. Jay Sean
4. * Royksopp
5. Fortune
6. We have band
7. Benjamin Biolay
8. * Natural yougurt band
9. Paul weller
10. Dum dum girls
11. Creep Funk Crusade
12. * Lack of Afro
13. Fallulah
14. Marina & The Diamonds
15. QUADRON
16. * Yppah
17. Arisa
18. Jacopo Patini
19. Mike Patton
20. Mike Patton
21. The Time and space machine
22. Yoko Ono Plastic ono band
23. David Holmes
24. GONG
25. AIR
26. Dunen
27. Gorillas
28. Nellie Mckay
29. Daniel Drexler
30. Undersea poem
31. Quiet Village
32. Tina Lima
33. Hindi Zahra
[PR]
by koyonagamura | 2010-05-12 08:05 | 2010番組音楽リスト
Francoise Hardy
c0198594_9414824.jpgお年の話から始めて失礼いたします。1944生まれで,デヴューが1962年ですから,僕の人生をゆうにカヴァーしきっている,彼女の音楽活動であります。「男の子・女の子」に始まり,1968年「さよならを教えて」がフランスで大ヒット(日本でも73年にヒット)して以来,80年代の中期,90年代の初期をのぞいてコンスタントにアルバムを制作しているフランソワ・アルディは,ひょっとして,僕の人生においてもっとも付き合いの長いミュージシャンです。思えば60年代のイエ・イエ・ガールのブームでもマイ・ペースだったし,アーティストではあってもセレブっぽくなくって,普段あんまり表に出てこないし、、。細く長く生きつつ,絶対的な存在感を確立している姿は日本蕎麦に似ているかもしれない。彼女の歌声のさっぱり感が好きだ。でも確固としたポリシーがある処が蕎麦っぽい。(まあ、、ざる蕎麦というより鴨南蛮っぽい曲も多いが、、)最近,こんなことを思っている。ガールズ・ファッションのトレンドで「森にいるような女の子・森ガールズ」があるが,この言葉を聞くとオジサンはフランソワ―ズ・アルディの曲「もう森になんか行かない」(Ma Jenunesse fout le camp/直訳で、私の青春が逃げていく)を思い出す。意味は,その人なりだが,彼女の歌の歴史というのは彼女以外の人間の人生や考え方にも大きく影響しているのだ。少なくとも僕の思考の中にはアルディが存在している。そんなこと言ってて,この彼女のニューアルバム、いち早く輸入盤を手にして,フランス語が解らないからメロディーラインと歌だけ楽しんでいるんだけど,詳しいことは徐々に調べてラジオでお話いたしましょう。まあ、それだけ時間をかけて聴く価値のある人なのです,ということだけ解ってください。仏語の勉強しよう、、。
即席仏語勉強後、今回も「失ったもの、、、」を歌うセンチメンタルな曲が多いようです。この方って昔から、その手の曲が中心なのです。
[PR]
by koyonagamura | 2010-05-06 08:41 | 2010アルバム紹介4-6月
曲目リスト5/5
Songlist 5月 5日  (*印はトークBGMにて使用)

1. On the radio / Scouting for Girls
2. Yeah yeah yeah / Ozomatli
3. Samantha / Hole
4. * Cosmic vision / The Delta Rhythm Section
5. My home is my man / Mallu Magalhaes
6. Bobo / Nuru Kane
7. 36/70~ Maudit blues / TeTe
8. * Let the sun catch your sleepin`/ Paolo Negri
9. Tonight / Kellylee Evans
10. Punch Drunk / Netsayi
11. Blame it on the world / Jenni Muldaur
12. *Together at last / Lack of Afro
13. Givng up the sun / Vampire Weekend
14. Fire / Lizzy Mercier Descloux
15. Inkonjane Jive / Zed Nkabinde
16.* Pipe dream / The Natural yogurt band
17. A trip to Kathmandu / Bharat Karki & Party
18. Helelyos / Zia
19. Don`t speak / Pan Ron
20. Two bird / Regina Spektor
21. Inner city / Arrested Development
22. Life is a minestrone / 10cc
23. same old drag / The Apple in Stereo
24. No nacation / The Apple in Stereo
25. Golden chain / Lake Heartbeat
26. *Gumball machine weekend / Yppah
27. L`espoir fait vivre / Benjamine Biolay
28. Ma derniere nuit a NYC / Arthur H
29. Skinny dipping / Five Coners Quintet

[PR]
by koyonagamura | 2010-05-05 16:59 | 2010番組音楽リスト


by koyonagamura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
contact
コメントは
こちら
までお寄せください。
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧