SHONAN BEACH FM -NAGAMURA KOYO 長村光洋

湘南カチート 水曜23時 JUKEBOX 金曜17時 N盤アワー 月曜23時 のブログです。
<   2010年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
MAVIS
c0198594_13491277.jpgアシュレー・ビードゥルとダーレン・モリスのプロジェクト。二人は60年代のソウル・アイコン、メイヴィス・ステイプルがカヴァーしたバカラックの「A house is not a home」を聴きノック・アウトされ,以降メイヴィスに傾倒、このアルバムの制作に行きついたそうである。したがって,プロジェクト名も「Mavis」なのだ。内容は60年代のメローなソウル・ミュージックにエレクトロなテイストを加えたもので,浮遊感の音の処理が心地よい。スターライトでも番組終盤のお休み前の音楽です。ゲスト・シンガーにはキャリアの後期は英国で人気の高かったアメリカのベテラン・ソウル・シンガー、キャンディ・スタトン,セント・エティエンのサラ・クラックネル、エドウィン・コリンズ等が参加している。昔の10cc のマジカルなポップを偲ばせるような曲もあり,久しぶりに落ち着いて聴ける好盤であります。(ところで,10cc って来日すんだよね。アストロでの単独もきまりました。) この !K7というレーベルはQuirt Village のアルバムで随分とお世話になっておりますが,良い企画を今後も期待しております。
[PR]
by koyonagamura | 2010-04-28 07:21 | 2010アルバム紹介4-6月
曲目リスト  4月 28日
Songlist 28th April     (*印はトークのBGMにて使用)

1. Scouting for girls
2. Goldfrapp
3. *Yppah
4. Dum Dum Girls
5. Kate Nash
6. Paul Weller
7. Black Francis
8. *The Natural yogurt band
9. The Time and space machine
10. Ozomatli
11.   〃
12. * Lack of afro
13. MGMT
14. Hole
15. Black rebel motorcycle club
16. Earl Greyhound
17. *Trombone Shorty
18. Nikki Corvett & Gorevette
19.    〃
20. EELS
21.    〃 
22. 〃 
23.   〃
24. 〃
25. Carla Bruni
26. Francoise Hardy
27. Emmanuelle Seigner
28. *Chapelier Fou
29. Benjamin Biolay
30. 〃
31. Arthur A.
32. Tina Lima
33. *Paolo Negri
34. KAD
[PR]
by koyonagamura | 2010-04-28 06:55 | 2010番組音楽リスト
マカオ で カジノ
ビーチFM 今日の日記 4月から

僕が小さい頃から,マカオといえば「マカオのオカマ」と言われて,ちょっと評価が
低かったものである。 英国領として国際ビジネス都市に発展した香港に比べて,
ポルトガル領のマカオは,もっとユルユルとした時を経過してきた。軍事的影響力を
ポルトガルが持てなかったことを皮肉る以外,この「オカマ」というのはダジャレに
すぎないが 「マカオは香港からフェリーに乗って行く日帰り観光地です。」という
イメージが強かった。 これは日本人がカジノに馴染んでいないことも理由と思う。
カジノをするなら,マカオのホテルに泊って,毎晩,深夜まで目を血走らせなきゃ駄目
だからだ。2002年にカジノ経営権の国際入札を開始し,外国マネーを呼び込んで
以来,この都市は急速に発展した。2006年にはラスベガスの売り上げを抜き,今や世界一
のカジノ王国である。 (ラス・べガスは脱・カジノ路線を進んでいる。)
僕はパチンコも競馬もやらないギャンブル嫌いだが,この成長を自分の目で確かめる
ために,この春,マカオでギャンブルに明け暮れたのである。(負けました、、、。)
テーブルゲームに大金を賭ける中国のお金持ちに比べ,肩身は狭かったが,
ポルトガル・ワインの豊富さ,マカオ料理,ユーロっパの面影を残す街並み,香港,
ディズニーランド等,歓楽地として,かなり評価は高いと感じた。  (VIP ルームなる,
誰が遊んでいるんだか?わからない 妖しい世界も存在するのだよ。スターや芸能人
って感じの人達には見えないしなぁ~~~~??)
現状で満足している訳ではない。建設中のどうしようもなく巨大なホテルがゴロゴロ
しているのだ。(どうなっちゃうの??)何よりも,ここの大半はアジアの観光客で
あり,これだけの一大観光地がアジア圏で一応カヴァーできていることが日本島で育った
僕には驚きだ。タブロイド紙に,東京お台場にカジノを創る構想が書かれて,長い時間が
経っている。僕は,今更,創ってもスケールの小ささを露出させるだけだと思う。
新しいことを決める際,議論は大切であるが,もっと重要なものは,実行力ではないで
しょうか?まあ、日本に今更カジノ作ってどうする?という根本的疑問はありますが。
みなさん,上海万博の次は,マカオでギャンブルです。元締めも,遊ぶ側も,どちらも,
つまづかない様に祈ります。
[PR]
by koyonagamura | 2010-04-22 23:11 | 日記2010-2011
JONSI
c0198594_11252979.jpgアイスランドの人は名前に「姓」を持たないということを知ってビックリしてしまった。この国では名前はファースト・ネームと父称で呼ばれ,男は父称の後にSON,女はDOTTIRを付ける。ビョークの名前はBjork Guomudsdottir でJonsi はJon Bor Birgisson という,確かにSON だの Dottir だのが入っている。そういうことで,ミュージシャンの名前もビョーク,ヨンシ―なのかなぁ、、? 
北欧、スコットランドなんかにも,この名前の付け方は残っているけど「姓」になってるもんね,男女の違いはないし。独特な物って世界中に,まだまだ沢山あるよなぁ~。数年前に武道館にビョークのライヴを観に行った時,バンドメンバーがちょうど誕生日を迎え,彼女がステージにケーキを持ってきて「ハッピー・バースデー」を歌う一コマがあった。まず彼女がアイスランドの言葉で歌って,それから観客に「じゃ~みんな日本語で歌って!」とふるのであるが,日本語のハッピー・バースデーなんてない(?)から,みんな歌えなかった。その時も私は「考えてみると,不思議だなぁ~。」と思ったわけだ、、。日本公演の後,彼女は中国に行ってライヴを演ったものの,チベッタン・フリーダムを叫んで厳重注意を受けてしまった。独特なものと頑固さは共存しているんだろうな。さて、このヨンシ―のソロ・アルバムであるが,このアルバムは数ある個性的ポップ・ミュージックの中で最高に美しく楽しい。アイスランドの国の人って,よくもまあ,自分ってものをこれだけ強く保てるよなぁ、、と感心する次第だ。2010年最大の収穫であり,サマー・ソニックでの彼のステージが何よりも楽しみであります。
ところでエイヤフィヤットラヨークトル氷河(これも凄い名前だねぇ~)の火山噴火,大丈夫でしょうか?航空の乱れが物流に問題を起こして,日本にも影響が出ているが,一番被害を被ったのはアイスランドの人達でしょう?2008年に始まった経済危機の影響で通貨が暴落し,あのマクドナルド・ハンバーガーでさえも撤退してしまった(国民の見方,デフレ・フードなんて言っといて,でも撤退するときは,するんだな、、)アイスランド経済問題も含め,とりあえずヨンシ―を応援しよう!!。あまいか?
[PR]
by koyonagamura | 2010-04-21 12:04 | 2010アルバム紹介4-6月
UNDERSEA POEM
c0198594_10193196.jpgNew York を中心に活動して3枚のCDをリリースしている,ボッサ・ラウンジ・ポップ、モスキートスの紅一点,リオ生まれのジュジュ(Juju Stulbach)とアメリカ人のクリス(Chris Root)のユニットです。インディー・ロック ウィズ ブラジリアン・クールというふれこみで登場いたしました。「アンダーシー・ポエム」という名前のごとく,なんか意味深なコンセプトのアルバムです。口笛のインスト曲がインターバルのごとき挿入されたり,ポルトガル語で歌ってみたり,そして各楽曲のメロディーが良いのでCD一枚,ついつい聴き通してしまいます。まあ,聞き流してしまうというのが適正な表現かもしれないが、、。でも「Makes me happy」なんか,かなりの上等なポップソングですよ。是非,聴いていただきたい。クリスさんとジュジュさんは,このアルバムの曲を書くためメキシコのパシフィック・コースト、バコチョに半年あまり滞在し,毎日サーフィンし,海を眺め,かなり寛いできたそうで,その自然の中でのマッタリした生活感が,ほどよく聴き手にも伝わってまいります。しかし,NYでの活動が長かったせいか?やっぱり都会っぽさが抜けてないんであります。すごくワザとらしいコンセプトのアルバムなんだけど、、でも、気分良く聴いてしまう,湘南ビーチにマッチした2010年の海辺の音楽です。
(湘南ミュージック選定)
[PR]
by koyonagamura | 2010-04-21 08:06 | 2010アルバム紹介4-6月
曲目リスト  4月 21日
Songlist 21st April (*印はトークのBGM使用)

1. Scouting for Girls
2. Marina and the Diamonds
3. *The Delta Rhythm Section
4. Reni Lani
5. Kate Nash
6. Paul Weller
7. Black Francis
8. Noonday Underground
9. *The Natural yogurt band
10. Massive Attack
11. The Time and space machine
12. MGMT
13. *Quiet Village
14. Groove Armada
15. Gorevette
16. Nikki Corvette & Corvette
17. Sergio Mendes
18. Regina Spector
19. Chapelier Fou
20. The Bird and the Bee
21. Daryl Hall & John Oates
22.   〃
23.  〃
24. *Marco Benevento
25. Major seven & the Minors
26. Santigold (from:Here lies love )
27. Jonsi
28. Mavis
29. *Paolo Negri
30. Emmanuelle Seigner
31. Marine Boreale
32. Torun Eriksen
33. * Mocky
34. Cara Matthew
[PR]
by koyonagamura | 2010-04-21 07:41 | 2010番組音楽リスト
JULIETA VENEGAS
c0198594_9385799.jpg全世界のスペイン語圏の若者に彼女の名前を聴けば「もちろん,知ってるよ!」と答えが返ってくるであろう,メキシコの女性シンガー・ソング・ライターです。1970年カリフォルニアで生まれ、

[PR]
by koyonagamura | 2010-04-15 07:55 | 2010アルバム紹介4-6月
曲目リスト  4月 14日
songlist 14th April

1. Noonday Underground / My silent heart
2. Camera Obscura / careless love
3. She and Him / Home
4. *Royksopp / Happy up here
5. MGMT / Flash Delirium
6. Gorillaz / Some kind of nature
7. Beach House / Used to be
8. Nelli Mckay (Here Lies Love) / How are you
9. *Natural yogurt band / Voo doo
10. Te Te / Les temps Egares
11. Angelique Kidjo / AFIA
12. Nuru Kane / Bobo
13. Paolo Negri / Let the sun catch your sleepin`
14. Jenni Muldaur / I`ve got a feelin
15. Geoff Muldaur / Higher & Higher
16. Maria Muldaur / Midnight at the Oasis
17. Clare and the Reasons / That`s all
18. Dan Hicks / Flight of the Fly
19. Dan Hicks / Cruzin`
20. Mose Allison / My brain
21. *JJ Milteau / Blue top
22. Realism / The dada polka
23. Mari Persen / Criminal
24. The High Wire / The midnight bell
25. Jonsi / Go do
26. *Chapelier Fou / Le quart de ton
27. Francoise Hardy / Je ne vous aime pas
28. Juliera Ghibaudo & German Nager / Trenzas
29. Joanna Newsom / Easy
30. *Yppah / They know what ghost know
31. Stacey Kent / Moi amor
32. Luz Casal / Alma mia

[PR]
by koyonagamura | 2010-04-14 07:07 | 2010番組音楽リスト
曲目リスト  4月 7日
songlist 7th April            (*印はBGM使用)

1. Blank girl / Dum Dum Girls
Bhang bang I`m a burnout / Dum Dum Girls
2. Big bad mean motherfucker / Girls
3. Hot Fox / Speed Meter
4. Mansion of Los Feliz / EELS
5. Nobody says I love you anymore / Rhett Miller
6. The Afterlight / Robyn Hitchcock
7. What makes him act so bad / Adam Green
8. Surrender / Ben Lee
9. Let the sun catch your sleepin / Paolo Negri
10. I understand / Eight Legs
11. First-rate Pretender / Yeti lane
12. Location / Freelance Whales
13. Look like a fool / Lawrence Arabia
14. Voo doo / The natural yogurt band
15. In the sun / She and him
16. Everyone can tell / Maintenant by Girl
17. Kiss on my list / The Bird and The Bee
18. Magalenha / Sergio Mendes
19. Together at last / Lack of Afro
20. Louisiana Boppin / Przusnik
21. Friends of science / Galactic
22. Boe money / Galactic
23. On the sly / The Bamboos
24. Cornholin / The Sound stylistics
25. Superman / Gabriella Cilmi
26. Alive / Goldfrapp
27. Tonight / Kellylee Evans
28. Gangs of rome / Mervis -Kurt Wagner
29. Victoria`s secret / Quiet Village
30. To Binge / Gorillas
31. Trap Doors / Broken Bells
32. Noir sur blanc / Francoise Hardy
33. Sleepy time / Mocky
34. Makes me happy / Undersea poem

[PR]
by koyonagamura | 2010-04-08 08:37 | 2010番組音楽リスト
BROKEN BELLS
c0198594_9191254.jpgザ・シンズの「wincing the night away」は,あまりにも美しすぎる作品でした。このアルバムはインディ・レーベル・リリースではあったものの,ビルボードのチャートを賑わし,その年のグラミー賞・ベスト・オータナティヴにノミネートされるという,まさに正当な評価を受けました。ファンのみならず,その後のアメリカの若者の音楽趣向を変えたと言っても過言じゃないと思っております。
さて,大ブレイクの後,SUB POP から移籍したりメンバーチェンジがあった彼らですが(実は,ここがポイント?)この度は,フロントマンのジェイムス・ラッセル・マーサーとナールズ・バークリーのディンジャー・マウスのプロジェクト、ブロークン・ベルズのアルバムがリリースされました。総て,この2人の演奏で,プロデュースもディンジャー・マウス、ストリングスのアレンジのみナールズのグラミー賞作品「St.Elsewhere」ジョン・レジェンドの「Once again」TV番組「Sex and the city」の音楽担当で知られるイタリアの映画音楽家 ダニエル・ルッピが参加しております,非常に旬な音楽です。まあ、ジェームス・マーサーとディンジャー・マウスのユニットってだけで「買い」なのであります。音の方は「シンズ」のニューアルバムって考えても良いのでは?と思う位の美しいメロディーが満載,バンドのニューアルバムを待っていたファンは,これをもって新作と思ってもいいんじゃない?というジェームスの歌です。ポップ・ミュージックとしましては2010年3カ月経過したところのベスト。そして,このアルバムはトータルなアート作品でスペシャル・エディションではブックレット,ポスター、ステッカー付きがリリースされております。PCサイトではCDジャケのピンク色の小惑星のグラフィックをマウスでコントロールできるようになっていて,これも面白い。新世代に突入したPOP・ミュージックです。「シンズ」のストイックな雰囲気も好きなんだけどねぇ~~~。
[PR]
by koyonagamura | 2010-04-01 08:01 | 2010アルバム紹介4-6月


by koyonagamura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
contact
コメントは
こちら
までお寄せください。
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧