SHONAN BEACH FM -NAGAMURA KOYO 長村光洋

湘南カチート 水曜23時 JUKEBOX 金曜17時 N盤アワー 月曜23時 のブログです。
<   2009年 02月 ( 32 )   > この月の画像一覧
REBECCA MARTIN 2月 COTTON CLUB
小柄の気の優しそうな女性で、コンサートが終了すると、すぐに客席に来てサインの用意をしていました。ノラ・ジョーンズのヒット「Don‘t know why」の生みの親として、広く知られるようになったジェシー・ハリス,彼とのデュオ、ワンス・ブルーを1995年に発表し、その後ニューヨークを中心に- 「何て言うんですか?こういう音楽を? ニュー・AOR?、JAZZ NOT JAZZ ?」- 10年程前から時代の潮流となりつつある、JAZZを基盤としながらも、ポピュラーやロックも取り入れた音楽です,年配の観客も「ウ~~ン、」と唸らせる歌と演奏を続けてきたレベッカ・マーティンの初来日コンサートがコットン・クラブで催されました。昨年日本でも発売された「実りゆく季節」は彼女の4枚目となるアルバムで、シンガー・ソング・ライターとしての魅力を充分に発揮した傑作でした。このアルバムはノラ・ジョーンズやマデリン・ペルーと並んでCD屋のベストセラーの棚の常連となっております。2002年の「Middlehope」はニューヨーク・タイムスのベスト・ジャズの1枚に選ばれており、実は僕、そのアルバム知らなかったんですけど、今度 聴いてみようと思っております。今回のLIVEは彼女の最新作からの歌が中心です。完全にスタイルが確立されていて、右から聴いても、左から聴いても、正面で聴いても、彼女の音楽は、まぎれもなくレベッカ・マーティンのオリジナルであると納得させられます。JAZZギタリスト、カート・ローゼンウィンケルの影響が絶大で彼女の「絹のように滑らかな歌声」をより一層引き立てます。夫であるラリー・グレナディアのベース、ダン・リーザーのドラムスも、実は1時間の彼女の歌のバックだけに収めるには勿体ない位の演奏で、本当は,あと1時間くらいセッションしたいのかもしれないけど時間がないから、こんなもの(?)という感じもいたしました。レベッカ・マーティンの名前で1日2ステージだから、それは無理なのでしょう。ラリー・グラナディアは3月3日、ブラッド・メルドートリオでの演奏をサントリー・ホールで行います。彼女の音楽は、最良の仲間にささえられ、最高の時を迎えつつあります。
[PR]
by koyonagamura | 2009-02-28 10:08 | 音楽日記
曲目リスト 2月 25日 
Song List     旧譜につきアルバム紹介はありません *はBGMにて使用

1. Last stop : This town / The Eels
2. Never turn your back on mother earth / Sparks
3. Life on mars / David Bowie
4. *On some faraway beach / Brian Eno
5. Whole wide world / Wreckless Eric
6. I`m a believer / Robert Wyatt
7. I`m in a different world / Dave Stewart & Barbara Gaskin
8. *Voo Doo / The Natural yogurt band
9. Burn~The crack up~Festivo / Virna Lindt
10. X- Boy / Cynthia Scott
11. I`ll be seeing you / Francoise Hardy & Iggy Pop
12. The Waltz / Lewis Furey
13. Hustler`s tango / Lewis Furey
14. Casablanca moon / Slapp Happy
15. Domisiladore / Pascal Comelade
16. Halfway there / Slapp Happy
17. *Nicher / Klimperei
18. Girlfriend / The Special AKA
19. Koop island blues / Koop
20. He! stranger / Ann Pigalle
21. You do something to me / Sinead O`Connor
22. From this moment on / Jimmy Somerville
23. *Solid state / Combustible Edison
24. My male curiosity / Kid Creole & Coconut
[PR]
by koyonagamura | 2009-02-25 23:59 | 2009番組音楽リスト
DAVE PIKE - Manhattan Latin 湘南音楽
ふと、なにげに湘南をイメージしてしまった音楽を、独断で「湘南サウンド」と認定する勝手なコーナーです
c0198594_13335847.jpgビル・エバンスとの共演作も発表しています、ヴァイブラフォンの巨匠、デイヴ・パイクの1964年の作品。チック・コリア、ヒューバート・ロウズ、ウィリーボボが参加するこのアルバムはジャケット共に評判が良く、日本で一番売れているのもこれだそうです。(?)1964年頃のN.Y.はマンハッタンの摩天楼でカクテル・パーティ開いて、このBGMを使ったら、そりゃ~もう、この世のものとは思えないカッコ良さだったんだと想像できます。1ドル=360円の時代ですから高級品、贅沢品であります。したがって、このラテン・ミュージックは湘南のトタン屋根の「海の家」でラーメン喰って、生ビールガバガバ飲んで、聴くような音楽ではありません。昼間、都会でひと働きしてから、アフター5に くつろぐ時のものです。ラウンジ・ミュージックでありますからカウンターチェアーとソファーも必需品です。(ガミガミいってすいません。) 深酔いしたい方には姉妹編の「リンボ・カーニヴァル」「ボッサ・ノヴァ・カーニヴァル」もお薦めです。3枚聴き終わる頃には泥酔していることとお察し申し上げます。さて、デイヴ・パイクは1960年後半、インド音楽、シスコ風ロックに影響を受けた録音も残しています。特に「マタール」は20世紀の末、クラブ・DJのマスト・アイテムでした。僕には同じ人間の音楽には思えないこともありますが、両方とも好きです。サイケっぽい音は、これもまた裏・湘南ビーチの音楽です。1次会に「マンハッタン・ラテン」を使って2次会に「マタール」をかけたら、このジャケットの女性同様、わざとらしさが見え見えでしょう。
[PR]
by koyonagamura | 2009-02-23 07:32 | 湘南ミュージック-認定
曲目リスト 2月 18日
song list 2/18                   *印はBGM 

1. Vagabond Jive /HUBA
2. The king of music /HUBA
3. *Holiday for Pete & Glady /Jim Beard
4. Here I am /Janna
5. Declaration of love / Melinda Doolittle
6. Therapy /India Arie
7. I ain`t moving / Wayne Brady
8. Rehab / Trio Valore
9. *Big city /Paolo Negri

10. Brother where are you / Lucky Peterson
11. Longing for Brad / Tok Tok Tok
12. Driving / Nina Vidal
13. Thank you / Lizz Wright
14. *The Cave / Culver City Dub Collective

15. Go Away /Dana Boule
16. Picture of you / Alyssa Graham
17. Two / Erin Bode
18. Innan du gar / Theresa Andersson
19. *Voo Doo / The natural yogurt band

20. Move you / Anya Maria
21. All the same to me Anya Maria
22. Reality / ARIFTREE
23. We are bored / Clare and Jeremy
24. A-Tisket A-Tasket / Ray Brown Jr.
[PR]
by koyonagamura | 2009-02-19 08:55 | 2009番組音楽リスト
Arif Tree
c0198594_1035184.jpgフランスはマルセイユの出身です。
Electronic,Future Jazz のジャンルにはいると思われる。Future Jazz
なんて言葉を軽々しく使ったら、コルトレーンやアイラー、ドルフィンにさぞや怒られることと察するが、、、。これってJazzなんすか?ねぇ?、、。2006年のフレンチ・クイズィーン以来の新作です。Jazzと呼ばれなくっても別に全然かまわないのです。1曲、1曲を丁寧に聴き直しますと結構、芯のある音楽でエレクトロなんだけどヴォーカルが渋くて、人間味を感じるのです。管楽器と弦楽器のメロディにも引き込まれます。この手の音楽では珍しく、僕のようなオヤジでも楽しめる音楽です。 一言でいえば「お洒落で、ちょっとイッチャッテます。」代官山や表参道のブティックで聴いたら、高い値段で服を買ってしまうでしょうし、ヘア・サロンで聴けば、どんな髪型にされてもハッピーだと思ってしまうでしょう。 実は、どちらも僕の生活とは関係が薄いのですが、、、。
[PR]
by koyonagamura | 2009-02-18 07:53 | 09年CD (A~I)
LUCKY PETERSON
c0198594_11135465.jpg父親がニューヨーク州でミュージック・クラブを経営していたおかげで、恵まれた環境に育った神童は5歳でアルバム・デビュー、TV番組でも紹介されている。元々はビル・ドジェットに影響を受けたブルース・オルガン奏者、17歳でリトル・ミルトンのバンドにも加入している。デビューアルバム「OUR FUTURE]のジャケット写真にハモンドオルガンに向き合った、当時5歳の幼い彼を見ることができる。可愛いい顔をしている。スティヴィー・ワンダーやマイケル・ジャクソンとは違う、ブルースの道を歩いてきた人だ。天才であるから、ギターも弾く、今やどっちの楽器がメインなんだか分からない。このアルバムは‐ORGAN SOUL SESSIONS‐で、3枚組でリリースされている。そして、やっぱりバラ売りもしちゃったのが、このジャケのCDである。3枚組のBESTテイクじゃなくて、CD1がそのまま収録されている。ここにはいってない録音には、エイミー・ワインハウスやスティーヴィ・ワンダー等、もちろん多数あって、そっちも聴いてみたいんだけど、さすが3枚組買うのは経済的に考慮する必要があったので、とりあえずこれを聴いている。ブラックなハモンドC3オルガンがカッコ良いです。
[PR]
by koyonagamura | 2009-02-18 07:12 | 09年CD (J~L)
RAY BROWN JR.
c0198594_12354169.jpgJazz べーシストであるレイ・ブラウンは1947年21歳の時、エラ・フィッツジェラルドと結婚、その時にエラの義理の姉妹の子供を養子に迎え、彼の名前をレイ・ブラウン・ジュニアと名付けた。結婚は5年で破局した。恵まれた音楽環境に育ったジュニアはsinging drummer, pianistとして主にクラブ等で演奏活動を続け、数枚のアルバムをリリースしている。Jazzにこだわらずレパートリーはコンテンポラリーポップからロックやカントリーまでおよぶそうである。ここでは、彼のフレンズ、ファミリーと
JAZZスタンダード、ポップを中心にデュエットを録音している。いきなり1曲目に結構な美人である若手Jazz界の歌姫 jane monheit と歌っちゃったりして、「なんだよ、このオヤジ」と、私としては半分「妬み」がはいったりするが、Dr.John ,Maria Muldaur,Dionne Warwick,といった大物も次々と登場し、アルバムとしては全体的に豪華な作りである。リラックスした落ち着いたデュエットが聴ける。愛娘と一緒に歌う、エラのファースト・ヒットA-Tisket A-Tasket がほのぼのしてて好きだ。 しかし、デュエットじゃなかったら、どうなってんだ?と、ふと、考えてしまうことも、、、。
Jazzヴォーカルとして上手いのかどうか?は聴く人による。
[PR]
by koyonagamura | 2009-02-18 07:02 | 09年CD (R~Z)
HUBA - arriving
c0198594_13303983.jpg2年位前(?)だったか、このバンドのメンバーTUOMOが東京でLIVEやったのを記憶しております。遠くフィンランドはヘルシンキのブルー・アイド・ソウル・バンド、HUBAの2年ぶりの2ndアルバムです。フィンランドといえば、とにかく「北」というイメージがございます。「寒い、寒いとおっしゃいますが、寒い国の人間ほど、熱い音楽を好むもんじゃござんせんか?」ということなのかは、定かではありませんが、TUOMOにしろHUBA、ファイヴ・コーナーズ・クインテット、解散ライヴを行うハノイロックスにしろ、とにかくホットなクラブ系JAZZやSOUL、ロックが盛り上がっている様子です。この人達の音楽を聴いていて、本当に面白いと思うのは、けっして物真似にはならないことです。SOULを歌っても、北国のお国柄が出ております。カッコいいと思うか、カッコ悪いと思うかは、あなた次第です。  、、、このCDの写真、、どう思う??
c0198594_14191753.jpg時を同じくしてHUBAの女性ボーカリストJANNAのCDもTUOMOのプロデュースでリリースされました。ヘルシンキのアレサ・フランクリンといわれる(?)ヤンナ嬢は結構、唄がうまいし、器用だし、その分、北国の香りが薄らいでいるのであります。一言で言えばTUOMOっぽい。
と、言うことで、僕は今回のHUBAの2nd アルバムが好みです。ただし、最後に、もう一回言いますが「カッコいいと思うか、かっこ悪いと思うかは、あなた次第です。」
[PR]
by koyonagamura | 2009-02-17 07:19 | 09年CD (A~I)
INDIA ARIE
c0198594_1585713.jpg「テスティモニーVol.1」から2年半かけて制作されたVol.2の登場です。
前作は「ライフ&リレーションシップ」
今作は「ラヴ&ポリティックス」というタイトルがついております。この人はマハトマ・ガンジーと同じ日に生まれたたので、インディアという名前を両親から授かったそうです。名前に負けず、小さい頃から良く勉強して「徳」を身につけたのだろうと思います。
そこらのミュージシャンとは目線が違う気がして、歌詞の対訳まで読んでしまいます。 だから、車の中でチェックできません。そういうSOULって最近少ないよな、、、とも思います。 
ジャケットの写真はサウナ風呂で撮ったんだと思ってたが、よく見たら違った。
[PR]
by koyonagamura | 2009-02-17 07:08 | 09年CD (A~I)
ANYA MARINA
c0198594_14424395.jpgサン・ディエゴのラジオ局SSWというところでDJをしているという ANYA MARINAのデビューアルバム「Slow&Steady Seduction:PhaseⅡ」。 学生の時からラジオ局で働いていただけのことはあり「耳年増的」様々なジャンルの音楽に影響を受けてます。速球・ストレートでないポップなメロディラインが魅力であると感じます。アントニオ・カルロス・ジョビンの「3月の水」のカヴァー曲では、「え??こんなんで良いの??」というアレンジも聴かせてくれますが、、、。
[PR]
by koyonagamura | 2009-02-17 07:06 | 09年CD (A~I)


by koyonagamura
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
contact
コメントは
こちら
までお寄せください。
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧