SHONAN BEACH FM -NAGAMURA KOYO 長村光洋

湘南カチート 水曜23時 JUKEBOX 金曜17時 N盤アワー 月曜23時 のブログです。
ロックンロール高齢化時代
ビーチFM 今日の日記  10月から

トニーベネットは85歳にして史上最高齢のグラミー賞3部門を獲得し,最近も若い女の子とデュエットをしまくっている。先日の東京JAZZフェスに出演したバカラックはトニーの2つ年下、1928年生まれの84歳、元気な姿を見せてくれた。さて、JAZZにベテランが多いのは当然だが、最近はロックやポップスにも高齢化の波が及んでいる。とはいえアメリカの人口構成は日本ほど高齢化が進んでいない為、ヒットチャートを見てもベテラン勢が目立つわけではない。お爺さんがハーレーダビッドソンに乗ってブンブンいって街を飛ばしていくのが異様に気になる程度の問題である。しかし、セールスはともかく音楽番組を担当していて、最近のベテラン勢のアルバムの質が特に向上していることに気がついた。ボブ・ディラン(71歳)レナード・コーエン(78歳)あたりが道を作ったのではないか?。ロックではイギ‐・ポップ、パティ・スミス(同65)数えたらきりがないが、各人みんな頑張っているのである。お爺さんのしわがれた声や初老の歌手の低音の落ち着いたヴォーカルが妙にセクシーだったりする。もったいないので、これをひとまとめに「じぃ~~~ロ~ック」(G-ROCK)として番組中に企画、放送しようと思う。「ロックンロールにゃ老けたけど、死ぬにゃチョイと若すぎる」(ジェスロ・タル)だの「25歳以上生きる意味がある?」(すべての若き野郎ども、モット・ザ・フープル)と歌ったロッカー達が、結局、、人生の晩年をむかえて「今」に叫ぶ詩人の歌。
若者の既存社会への反抗心をエネルギーにして生まれた音楽は半世紀以上の時を経て、このどうしようもない、でも素晴らしい世界に対するアンティテーゼな人生賛歌として新たなパワーを生み出した。アル・ジョルスンの大昔の台詞を引用しよう。「お楽しみは、これからだ。」
[PR]
by koyonagamura | 2012-10-12 16:05 | ビーチFM今日の日記2012~
<< Artist List Artist list >>


by koyonagamura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
contact
コメントは
こちら
までお寄せください。
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧