SHONAN BEACH FM -NAGAMURA KOYO 長村光洋

湘南カチート 水曜23時 JUKEBOX 金曜17時 N盤アワー 月曜23時 のブログです。
蓄音機に魅せられて
湘南カチートを担当して2か月余り,私は相変わらず蓄音機とSP盤廻りをしております。古いものを大切になさっている方は大抵親切で,懇切丁寧に御教授頂けるので,幸せな時間を過ごしております。蓄音機は絶滅危惧種であるという先入観をもっていましたが,その歴史は80年とLP盤よりも長く,戦争のダメージが少なかった国では良品が多く保存されているようです。いつでも一番気楽に聴けるのは日比谷公会堂下のアーカイヴカフェで,ここでは重厚な歴史的建築物の中で珈琲やワインを飲みながら音楽を楽しむことができます。英HMV社の高級蓄音機のゼンマイを巻き,鉄針を一回一回取り替え,そしてSP盤を丁重にセットし針を乗せるまでの作法は,日本の茶会を連想させるような深い趣があります。レコードながら,歌手や芸人と同じパフォーマンスができるのです。何故鉄針を一曲ごとに取り替えるのかお尋ねしたら,鉄針は新しく買えるけど,SP盤はもう作っていないからと返事を頂きました。私ならついつい2曲,3曲と針を使ってしまうことでしょう。 
SP盤コレクターの毛利さんの会に参加した時は東京,千駄木にあります旧安田楠雄邸に足を運びました。ここは和風建築に洋風の応接間,そこから眺める庭園が美しい歴史的保存物です。自分が蓄音機を買ったら,それに似合う古家や洋館まで探さなければいけないなぁ~,一体いくらかかるんだろう?音楽に耳を傾けながら不動産のことなどを考えてしまいました。
さて,このSP盤や45回転のシングルレコードを一曲ずつかけるという行為がラジオのディスクジョッキーの基本を築いた,といったら語弊があるでしょうか?今の私たちの音楽の聴き方は自動給茶器のボタンを押してお茶の出涸らしを飲んでいるようなものです。それはそれで良いのです,便利だから。でも素晴らしい過去の歴史は勉強しておいたほうが好いでしょう。このトラディショナルな礼儀作法を電波にのせて音楽をお届けできれば、、蓄音機からそれを勉強させて頂いた今日この頃です。
[PR]
by koyonagamura | 2012-06-18 10:51 | ビーチFM今日の日記2012~
<< Arist-list 201... ARTIST LIST >>


by koyonagamura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
contact
コメントは
こちら
までお寄せください。
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧