SHONAN BEACH FM -NAGAMURA KOYO 長村光洋

湘南カチート 水曜23時 JUKEBOX 金曜17時 N盤アワー 月曜23時 のブログです。
イタリア古典絵画教室の チョイ悪生徒 になりました。
Beachfm 今日の日記から  2008年10月22日

かれこれ40年以上付き合いのある友人が51歳で会社を整理して,
何を始めるのかと思ったら, 絵画教室を開いた。
同じ文具業界で20年以上も一緒に働いたのだが,妙に伝統的な文具にこだわりを
持つ人で,今のビジネス社会では旨く立ち回れないタイプだ。
自分の会社にいるよりもお茶の水の「レモン」とか新宿の「世界堂」
で画材を見る方が好きだったので、会社を倒産させずに無事に引退できたことは
人生一番の成功だったといえる。  ということで、今や先生である。

先生の専門はイタリアン古典絵画で、主にルネッサンス期までのテンペラ,フレスコ画
を得意とする。  膠なんかもグツグツ煮て作る,
まさしく「スロー・アート」である。

「生徒が少ないから来てくれ!」 
という理由で僕も絵を描くはめになった。
ドウッチョ、ジオットからミケランジェロ、ラファエロそしてカラヴァッジョ、、と,
その宗教を含む歴史と逸話の数々をここで書いたらきりがないが,
とにかく、この夏,イタリアへ旅行した際には,これが本当に役に立った。
イタリアの魅力とは「チョイ悪オヤジ」になることだけではないのだ、、、

さて、僕は今までこの「絵描きの先生」を文具ビジネスで変人社長だと思っていた。
ところが今はどうしたことか, いろいろな筆を手にしたり、絵具を使ったり、紙を選んだり
しているうちに自分が今まで文房業界(私は生まれも育ちも文具業界なのでした。)
でしてきたことが 何か間違いだったような気がいたします。。
文化と歴史を学ばず、これに貢献せず、数字を追って目先の利益に目がくらんでいたのです。
なんか、宗教画を勉強して突然、改心してしまった様なこと書いてますが、、、。
キャンバスの前で筆を握りながら、これからの自分の人生をどう描こうか考えているわけだよ。

 PS. 今度,ビーチFMの辻さんのイタリア古典音楽も観にいこうと思う。
[PR]
by koyonagamura | 2008-12-10 15:33 | 日記 2007-2009
<< FMに祝いのワインを揃えていた... 夏の 海の家 で感傷にひたるオ... >>


by koyonagamura
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
contact
コメントは
こちら
までお寄せください。
以前の記事
お気に入りブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧